旅行中 犬に留守番させるのはかわいそう?ストレスでパニックにならないように慣れるまで練習!

旅行中 犬に留守番させるのはかわいそう?ストレスでパニックにならないように慣れるまで練習!


旅行や出張、突然の用事なので、ペットの犬を留守番させないと・・・。

一番いいのは、ワンコも一緒に連れていくことでしょうけど、なかなかそうはいかないですよね。

そもそも犬にって留守番させるっていう行為はいいこと?

でもそうはいっても、留守番してもらわないわけにいかないし・・・。

だったら、どうしてあげるのが犬にとって一番いいんだろう?

悩みますよね、ジレンマですよね。

そこで今回は、犬がお留守番できるようになるためにどうすればいいの?ということについてまとめました!

おススメ! 犬だって夏バテ 嘔吐や食欲がなかったら注意!症状とごはんのあげ方をチェック

スポンサーリンク

旅行中 犬に留守番させるのはかわいそう?

犬が留守番できるかできないかといったら、できますと答えます。

でも猫よりも犬の方が人間と積極的にコミュニケーションを取りたがりますよね。

また急に飼い主がいなくなってしまうと、パニックになってしまう事だってあります。

私達人間は、あと何日でお留守番開始で○日経ったらまた会えるって分かってますよね。

でも当然犬にとってはそんなこと分かりません。

彼らにしてみれば、急に飼い主がいなくなってしまってなかなか戻ってこないという事実だけですから不安になりますよね。

過去に捨てられてしまった経験を持つワンちゃんだったら、その不安は計り知れないことでしょう。

では、犬に留守番させるのはかわいそうなことなんでしょうか?

ましてや留守番の理由が旅行だなんて、人間のわがまま?

人間のわがままかって言われたら、そうかもしれませんと答えるしかないですよね(;’∀’)

でも、犬がかわいそうかってことについては、そうとも言えないんじゃない?と私なら答えます。

まあ、独りぼっちっていう意味であればかわいそうと言えばかわいそうですが・・・。

犬がかわいそう=犬が嫌がってる、ストレスを感じてるってことですよね。

だったらストレスの原因を取り除いてあげましょう!

スポンサーリンク

犬が留守番でパニックになるのは環境の変化によるストレスが原因

お留守番をさせるとパニックになってしまう犬もいれば、まったく平気な犬もいます。

そしてパニックになる原因は、環境の変化によるストレスが大きく影響しています。

これはでも犬に限った話ではないですよね。

私達人間も、新卒で会社に入社した時、異動や転勤で職場の環境がガラッと変わった時はいつもよりストレスを感じませんか?

それでも人間は、今自分の身に起きている環境変化の理由が何なのか、どうすれば適応できるのか分かってますよね。

たまにうまく適応できない時もありますけど、理屈では分かっていることが多いんではないでしょうか。

でも犬にとっては理屈ですら分からないわけで、目が覚めたら大草原のど真ん中に一人で放り出されていたみたいな感じですよね。

そりゃー、不安にだってなるしパニックになります。

では、そんな犬の不安やストレスを少しでも和らげてあげるために、何ができるでしょうか?

犬が留守番に慣れるまで練習しましょう

犬がパニックになる原因は、環境の変化によるストレスが影響しているって書きました。

じゃあ、その環境の変化を日常的なことにしてあげましょう。

それが一番の解決策です。

そのためには、留守番に慣れさせることです。

特に毎日誰かが家にいるような場合は、お留守番の経験があまりありませんよね。

せいぜいお母さんがスーパーに買い物に行っている間くらいじゃないでしょうか。

それなのに急に何日も放っておかれたら、そりゃーストレスになります。

なので、普段から少しずつ留守番させる練習をしていきましょう。

始めは別の部屋にいて気配は感じるけど、姿が見えないというところからです。

そして1時間だけお留守番、2時間お留守番…という風に少しずつお留守番の時間を延ばしていきましょう。

24時間丸々ワンコだけにする必要はありません。

ホントのお留守番だって、誰かに様子を見に行ってもらったり、ペットホテルに預けたりして24時間ワンコ1人ってことはあまりありませんからね。

そして、これが大事。

お留守番が終わったら、その都度思いっきり褒めてあげてください。

オヤツをあげてもいいですよね。

1人になってもそのうち必ず家族が帰ってくると覚えさせることで、安心してお留守番ができるようになります。

そして1人でお留守番してたらホメられる、オヤツを貰えると分かることで、お留守番がゲームになって楽しくなります。

こうなったら第一の関門は突破です。

そしてもう1つの大事なこと。

それは家族以外の人や動物と接しても大丈夫なようにしておくこと。

いくらお留守番が平気な子でも、何日もほったらかしにはできないですよね。

誰かにエサやトイレの面倒を見てもらうことになります。

ペットホテルに預けるなら、他の動物たちが近くに常にいることにもなります。

そんな時に、家族以外の人や動物を怖がったり、逆にケンカを売ったりしてしまうようだと、これまたストレスの原因ですよね。

家に人間のお友達を呼んだり、お散歩で他の犬と接してみたりして一緒に遊べるようになっておくと、ワンちゃんも楽しくなりますよ。

ちなみに私が子供のころに飼ってた犬は、自分のことをネコか人間だと思ってました(笑)

ネコに囲まれて育ったからだと思うんですけどね。

だから、お散歩中も猫には尻尾フリフリして寄っていくけど、犬には敵意むき出し( ;∀;)

実家では留守にする時は必ず馴染みの動物病院に預けてたんですが、猫の近くにケージを置いてもらうようにしてましたねー(笑)

スポンサーリンク

犬を留守番に慣れさせる-まとめ

では、今日のまとめです(=゚ω゚)ノ

  • 犬は急な環境の変化でストレスや不安を感じる
  • 普段からお留守番に慣れさせておく
  • お留守番をしたらホメられる、オヤツをもらえると思わせる
  • 普段から家族以外の人や動物とも仲良く遊べるようにしておく

おススメ! 旅行中の犬の留守番 誰かに預ける?ペットホテルや動物病院の料金や選ぶ基準は?