車の点検は運転前に!長距離運転前にチェックするポイントをご紹介

車の点検は運転前に!長距離運転前にチェックするポイントをご紹介

年末年始、GW、お盆、秋の行楽シーズン。

帰省先や行楽地に車で行くという方も多いと思います。

出発前に愛車の点検は行っていますか?

長距離ドライブをするときは、特に出発前の自主点検をおススメします。

定期的なメンテナンスをきちんと行っている場合は、15分もあれば点検は終了です。

難しい知識は必要ないので、慣れてしまえば女性でも簡単に出来ます。

快適なドライブ、楽しい旅行にするためにも、その15分を惜しまずに実施しましょう!

おススメ! 運転中のサングラスは違法なの?おすすめは偏向レンズ?

スポンサーリンク
  

車の点検は運転前に実施!

車の点検は、長距離ドライブに出発する前に行いましょう。

出発しちゃったら、どこで点検するの?という根本的な問題もありますが、もし問題があった場合、対応に困ってしまうことがありますからね。

さらに言えば、出発当日の慌ただしい中ではなく、前もって点検しておきたいですよね。

これも、問題があった時に、対応するための時間的余裕を確保することに繋がりますよ。

どうしても心配な人は、ディーラーやメカニックに持っていって見てもらっても構いません。

でも、今日ご紹介する点検内容は、専門知識を持たない私のような素人でもできるものばかりです。

わざわざお金を払って、プロに見てもらうものでありません。

というより、車を運転する人は、出来ればこれくらい出来た方が安心できますよとも言えます。

もちろん、何か異常や問題を見つけた場合は、プロに見てもらってくださいね。

スポンサーリンク

長距離運転をするときは車の点検を怠らずに

日々の、ちょっとそこのスーパーまで・・・という時に、イチイチ点検をする人はいないと思います。

基本的には、定期的なメンテナンスをしっかりとやっていれば、大丈夫なので。

でも長距離ドライブの時は、長時間の運転や高速での走行などによって、車にいつもより負荷がかかりますよね。

すでにお疲れ気味の車だった場合、いつもより負荷がかかってしまうことで、完全にバテテしまうこともあるわけです。

そして、もし高速道路上で何かあった場合、大事故に繋がってしまう可能性だってあります。

だから出発前に点検することで、車をリフレッシュさせてあげましょう。

車の点検をするときのポイント

ポイントは幾つかあります。

まず、車が停止している状態での確認。

  • エンジンオイルの量は適正範囲内ですか?
  • ブレーキオイルの量は適量ですか?
  • 冷却水の量は適量ですか?
  • ウインドシールドウオッシャーの量は充分ですか?
  • キャップ類(ラジエーターや冷却水等のキャップ、フタ)はちゃんと閉まってますか?
  • ファンベルトはきちんと張っていますか?(たわんでないですか?) 明らかな損傷はないですか?

ここまでは、ボンネットを開けての点検です。

次からは、車の外側と運転席での点検作業になります。

  • タイヤの空気圧は適正範囲内ですか?スペアタイヤも忘れずに!
  • タイヤの溝は充分にありますか?明らかな傷や損傷はなですか?
  • ガソリンは充分に給油してありますか?
  • ヘッドライトやウインカーなどのライトは全て正常に点きますか?
  • ワイパーは作動しますか?ゴムの消耗量は?

そして、出発前に、少しでいいので車を走らせてみましょう。

その時にチェックしたいポイントはこちらです。

  • ブレーキはちゃんとかかりますか?
  • 発進、加速、減速、停止に異常はありませんか?
  • 異常な振動や異音はありませんか?
  • エアコンはちゃんと動きますか?(季節によりますね)

こんなにあるの!?と思うでしょうか?

でも慣れてしまえば、15分もあれば余裕で終わります。

走行時のチェックは、スーパーや銀行に行くついでに実施してもいいですよね。

特別な知識やスキルは必要としないため、女性でも問題なくできることばかりです。

事実、私も車は頻繁に運転していますが、上記に書いた点検は自力でやっています。

スポンサーリンク

車の点検は運転前に!-まとめ

ちょっと面倒だなと思ったでしょうか?

でもこれをちゃんとやっておけば、行楽地に向かう途中でトラブル発生!となる事態を避けられるかもしれません(100%絶対ではないですが)

事前にやるべきことはやったという事実だけでも、運転中のストレスが減り、気持ちの余裕に繋がりますよね。

長距離運転をするときは、ぜひ事前に車の点検を行いましょう。