IELTSジェネラルモジュールを受けた時の体験記(Geral Training Module)

IELTSジェネラルモジュールを受けた時の体験記(Geral Training Module)

私は今までに、IELTSを2回受けました。

どちらも日本で、受けています。

もう数年前のことになるんですが、2回目の時は結構細かくメモを取っていたので、せっかくだし体験レポとしてまとめてみます!

当時の受付や流れを知りたい方は、こちらからどうぞー!

おススメ! IELTS当日の流れと持ち物を詳しく解説しちゃいます!

私はカナダの移民局にスコアを提出すために受験したので、もちろんGeneral Training Moduleを受験。

会場は東京でした。

初日の土曜日ににSpeaking、Reading、Writingを、翌日曜日がSpeakingというスケジュールでした。

会場は市ヶ谷駅近くの貸し会議室。

受験者数は、450人くらいですかねぇー。

数えたわけではないですけど、廊下に貼り出された受験番号から推測してみました。

圧倒的にAcademicの受験者が多く、General Trainingは少数派みたいでしたね。
非英語圏の国なら大抵そうなるんでしょう。

移民しようとする人より、留学を目指している人の方が多いのは当然でしょう。

カナダで受験した友人によると、8~9割がたGeneral Trainingだったらしいですよ。


スポンサーリンク

IELTSジェネラルモジュール リスニング

特別難しくもなく、簡単でもなくっていう印象です。


セクション1
電話で購入商品のクレームについてやり取り。

顧客の個人情報、不具合商品の詳細、今後の対応についての穴埋め形式。


セクション2
地図を見ながら、観光地の説明が流れてくるのを聞く。

説明を聞きながら、指定された店や場所が、地図上のどこにあるのか記号を選択。


セクション3
学生2人の授業についてのやり取り。

授業を欠席した友人に対して、授業内容の説明、穴埋め形式(選択式もあったかも)。


セクション4
学生?研究者?による研究発表。

1問につき、複数の選択肢が与えられる選択形式に続いて、穴埋め形式



セクション1は、ちょっと想定外のパターンがあったため、失敗したなという問題が2問ほどありました。

イージーミスで、非常にもったいない( ;∀;)

セクション2とセクション3は、特に大きな問題はなし。

セクション3では、もしかしたらスペルミスがあるかも・・・。

セクション4は、公式問題集でもいつも波があるセクションです。

トピックによって、理解できるかどうかがガラリと変わるんですよねー。

今回は、そこまでの難問ではありませんでした♪


スポンサーリンク

IELTSジェネラルモジュール リーディング

少し手強かったです!特に最後のセクションは、いつもの通り手こずりました( ;∀;)


セクション1-1
運転免許の受験手順についての説明。

True、False、Not Givenで答える問題。


セクション1-2
複数の公園(?)の概略を説明。

記載された公園の特徴(入り口近くにベンチがある、中央に噴水があるみたいな)に、当てはまる公園を答える問題。


セクション2
会社の車を使う際のルール説明。

穴埋め問題は、確実にありました。

それ以外に選択問題があったかも。


セクション3
ニュージーランドの電力事情。

1問につき、複数の選択肢が与えられた選択問題。

複数の主張が書かれており、それぞれの主張を述べている人を選択肢から選択する問題。

IELTSジェネラルモジュール ライティング


Task1
賃貸住宅に住んでおり、上階の人に悩まされているので、オーナーに手紙を書きなさい。

どのような問題が生じており、それに対して自分はどのような対策を取ったのか、オーナーにどうしてほしいのか、の3点を書きなさい。

私の解答:
歩き回る足音やテレビの音量が大きくうるさい。

直接話をしに行ったが、改善されるのは数日だけですぐに元通りになってしまう。

このままだと私自身の快適な成果を送る権利が守れない。

オーナーからきちんとクレームを入れて改善させてほしい。

こんな感じでしたねー。英語圏のお手紙なので強気対応です(笑)


Task2
フリータイムに、同世代の人達と付き合う人と様々な世代の人と付き合う人がいる。

それぞれについての見方を具体的な例を挙げながら書きなさい。

私の解答:
同世代の人達と付き合う人は、より共感や気楽さを求めている。

育ってきた過程で流行した音楽やテレビ番組が共通だし、同じ時代を生きているので価値観も近いものがある。

多くを語らなくても分かりあえる、共感しあえる部分に居心地の良さを見出している。

一方で様々な世代の人と付き合う人は、より刺激を求めていたり好奇心が強い。

自分の知らない世界を知ることが刺激や満足感に繋がったり、自分たちのことを相手に知ってもらいたいっていう気持ちが強い。



どちらのTaskも、比較的取り組みやすかったですねー。

そんなに頭を捻らなくても、書ける内容でした。

初めて受けた時は明らかにWord数が足りなかったんですけど、今回はばっちりです(笑)


スポンサーリンク

さいごにズバリ、スコア予測は!?

テスト直後のスコア予測!

Listening・・・6.5
Reading・・・6.5か7.0
Writing・・・6.0



実際の結果!

Listening 6.5
Reading 7.0
Writing 6.0



ほぼ予想通り!(*^▽^*)

Speakingは別記事に書きますよー!

おススメ!
他にもIELTSに関する詳しい情報をまとめていますので、ぜひチェックしてみてください! → IELTSの対策や体験談などあれこれ