新盆と初盆は地域の違い?呼び方は?旧盆との区別はされるの?

新盆と初盆は地域の違い?呼び方は?旧盆との区別はされるの?

お盆と一口に言ってしまいますが、新盆、初盆、旧盆といろいろありますよね。

さらには初盆に対する新盆と、旧盆に対する新盆。

今さらっと新盆は2回使いましたけど、これって同じ新盆?別々の新盆?

読み方は同じでいいの?

今まで何気なく過ごしてきたお盆ですけど、結婚して初めてのお盆で実家と何かが違う!なんてことも。

いざとなってから慌てないですむように、今のうちにおさらいしておきましょう!

今回は、新盆と初盆の違い、旧盆って何?それぞれの読み方など、ごくごく基本的なことに限って書いていきますね!(^O^)/

おススメ! お盆って何をするんだろう いつどうやって?供養の仕方や方法と意味!

スポンサーリンク

新盆と初盆は地域の違い?宗派?それともまったく違うもの?

初盆とは故人が亡くなって四十九日を過ぎて初めて迎えるお盆のこと。

初めてのお盆だから初盆ですね。

ちなみに四十九日が経つ前にお盆が来る場合、初盆は翌年に持ち越しとなります。

今年の8月に亡くなられたとしたら、初盆は今年ではなくて来年のお盆ですね。

新盆というのは、初盆と同じ意味の言葉です。

呼び方の違いは宗教の宗派(浄土真宗とか真言宗とか)ではなく、地域による違いです。

でも地域によって違うと言っても、明確にここは初盆とかあちらは新盆とかって分かれていないんですよねー。

ざっくり分けると、関東では新盆、関西では初盆と呼ぶ人が多いみたいです。

でも、茨城県の一部では、入盆(にゅうぼん)という言い方もされているようですよ( ゚Д゚)

しかも新盆と書いても、「しんぼん」という人や「あらぼん」と呼ぶ人もいます。

結論としては、各家庭で呼ばれていた言い方がそのまま継承されるということですね。

現代になって人の移動が当たり前になり、ますます地域的な区分でも違いが分かりにくくなったのかもしれませんね(*‘∀‘)

結婚して新しく親戚となった方の初盆・新盆や、何らかでよそのお家の方のお盆にお邪魔することになった場合は、その家庭での呼び方を使えば間違いはないでしょう!

スポンサーリンク

新盆と旧盆ではどう違いがある?

ここまで、新盆と初盆は言い方が違うだけでどちらも同じ意味と書いてきました。

では、旧盆って聞いた事ありますか?

さらに旧盆に対する新盆はいかがでしょうか?

旧盆に対する新盆は、初盆と同じ意味の新盆とは字は同じだけど意味が異なります!

ややこしいですね・・・(>_<)

新盆-旧盆というのは、どちらもやることは同じです。

ご先祖様を供養するための期間ですね。

では何が違うのか?

お盆を執り行う時期が違うんです。

昔から続いている伝統行事って、たまに旧暦で実施されることがありますよね。

1月1日のお正月に対する旧正月(1月末~2月上旬)も旧暦でのお正月です。

七夕といえば7月7日ですが、仙台の七夕祭りやねぶた祭りなどは1か月遅れの8月に開催されますよね。

これは旧暦の七夕でお祝いしているからなんですねー。

日本は明治初期に旧暦を捨てて、新暦にシフトしました。

開国、近代化の流れですね。

そして今のカレンダーである新暦とそれ以前の旧暦との間には30日程度のずれがあります。

つまり旧暦の1月1日は新暦の1月下旬~2月頭、旧暦の7月7日は新暦の8月上旬といった感じに。

そしてお盆。

お盆はもともとも7月15日頃に行われていたんです。

そして新暦の7月15日頃に行う時は新盆、旧暦の7月15日頃の場合を旧盆と呼んでいるんですねー。

お盆休みと言えば8月13日~16日を指すことから分かるように、現在では旧盆が圧倒的な主流となっています。

新盆でご先祖の供養をする地域は、函館、東京、横浜などごく一部の地域だけになってしまっているそうなんです。

これは、農家の方は7月は忙しいから一息つける8月に行うのが定着したんだそうです。

新暦とか旧暦とかややこしいですけど、7月のお盆が新盆、8月が旧盆と覚えてくださいね!

おススメ! お盆にお墓参りをするのはなぜ?意味と理由を教えて!日にちや時間帯に決まりはあるの?

新盆と初盆に旧盆 それぞれの読み方をご存知ですか?

さっきから、新盆とか初盆とかやたらと書いてますけど、それぞれの読み方をご存知ですか?

いやもちろん、使われている漢字は簡単なので成人した日本人であれば問題ないはずです(;´∀`)

でもね、じつはいろーんな読み方があるんです!

まず簡単なところから旧盆。

これはもう、「きゅうぼん」、これだけです。

では「初盆」は?

「はつぼん」と「ういぼん」があります。

でも「はつぼん」の方がメジャーですかね。

では最後、「新盆」は?

「しんぼん」「にいぼん」「あらぼん」、このあたりが主な呼び方です。

視覚で入ればすぐに分かっても、耳からいきなり入ってきたら 「ういぼん・・・?ナニソレ??」なんてことになりかねません。

特に婚家で「ウイボン?それ何ですか?」なんてやってしまったら( ;∀;)

こんな読み方もあるんだねーくらいで、覚えておいて損はないかもしれませんよ!

スポンサーリンク

さいごに

これだけはぜひ覚えておいてくださいね♪

  • 新盆と初盆はどちらも「故人が亡くなって四十九日を過ぎた最初のお盆」
  • 新盆と初盆の呼び方は、地域によって異なるだけで中身は一緒
  • 新盆と旧盆は、お盆の供養をする時期が異なるだけで中身は一緒
  • 新盆は「しんぼん、にいぼん、あらぼん」、初盆は「はつぼん、ういぼん」と読む

他にも似たようなトピックの記事があるのでチェックしてみてください!

法事やお盆、お彼岸に関する記事のまとめ
お盆や法事などに関する記事を集めました。昔からのしきたりや慣習、親戚間でのあれやこれと何かと気を遣うことが多いのが法事やお盆ですよね。それぞれの記事の簡単な内容も書いています。知りたいなって思われた記事がありましたら、ぜひご覧ください!