天の川が東京近郊で見えるおすすめスポットは?いつ見れるの?位置と探し方は?

天の川が東京近郊で見えるおすすめスポットは?いつ見れるの?位置と探し方は?

私は東京出身、東京育ちなんです。

まあ23区ではないんですけど、お隣が23区だったのでそこそこ賑やかというか。

大人になってからも、東京だったり首都圏だったり、都市部だったりで。

なので天の川なんて、旅行で人里離れた山村とかに行かないと見れないもんだと、ずーっと思ってました。

一生に一回くらいは肉眼で見てみたいなーって。

でも、なんと東京近郊でも見られるんです!

しかも肉眼で!!

もうすぐ七夕ですし、首都圏近郊で天の川が肉眼で見られる場所と天の川の探し方や気象条件などをお話ししますね(^O^)/


スポンサーリンク
  

天の川って肉眼でいつ見れるの?位置は?探し方は?

私は星って冬空の方が綺麗に見えるんだって思ってました。

冬の方が空気が澄んでますからね。

もちろん、夏と冬では見える星や星座が違うことは知ってましたけど。

だから天の川も冬の方が、くっきりはっきり見えるんだって思い込んでました。

ところが!!

天の川を見るには夏がベストなんです!

思い込みって怖いですねー(/ω\)

天の川って一年中見ることが出来ます。

でも地球と天の川の位置関係から、冬よりも夏の方が断然はっきりと見えるんだとか。

だからこそ、織姫と彦星の伝説が生まれたんですかねー。

天の川を見るための気象条件

天の川は一年中、地球上のどこからでも観測ができると言われています。

そうはいっても、なるべく私達のイメージする天の川の形をはっきりと見ることが出来る時間帯や方角となると・・・。

普通の星や星座だと、多くの星の中から1つの星を見つけ出すので方角や時間帯がはっきりしている探しやすいですよね。

でも天の川は無数に星が集まって川のようになっているわけです。

星空を見上げて、星が集まってぼんやりと白っぽくなっている川のような帯があったら、それが天の川なんです。

あえて言えば日本(北半球)からの場合、東の空で19時~22時ごろが綺麗に見えやすい方角と時間帯です。

そして東の空に一段と明るい星(ベガ=織姫)を見つけてみましょう。

その右下に少し暗い星があります。

これがアルタイル、彦星です。

彦星とは反対側、ベガ(織姫)の左下にある少し暗い星がデネブです。

ベガ、アルタイル、デネブを結んだ線が夏の大三角形となります。

そしてこの大三角形の間を流れているのが、天の川なんですねー。

さっき、天の川が見えやすいのは、19時~22時ごろと言いました。

この時間でも特に次のような条件が重なると、確率が抜群に高くなりますよ♪

  • 周囲に人工の明かりがない
  • 新月(月明かりがあると見え辛くなります)
  • 台風など雨風が強かった後(空気が澄んでる)
  • お盆や正月など(トラックや車の往来が減り、空気が綺麗になる)

スポンサーリンク

天の川って東京近郊で見える?おすすめスポットをご紹介!

天の川って東京周辺では見ることができないと思ってませんか?

私もそう思ってました。

でもそんなことないんです!

東京近郊にも天の川が見れる場所がまだ残っているんです!

その中のおすすめスポットを幾つかご紹介しますね。

※その日の気象条件やその他諸々によっては、天の川が見えないことも有り得ます!

奥多摩周遊道路

基本的に奥多摩湖周辺はどこも星空が綺麗!

なかでも奥多摩周遊道路にある月夜見第二駐車場は、車も安全に止められるし一番の絶景ポイント!

ただし、この付近は夜間でもバイクの走り屋が多いため、安全確保にはくれぐれもご注意を。

また登山道の入り口ですが、付近にトイレはありません。

星空が綺麗に見えるほどということは、道路は真っ暗でおまけに急カーブの多い場所です。

お子さん連れや、女性同士、車の運転に不慣れな方は小河内ダムのパーキングエリアなどの方が安全性は高くなります。

東京都西多摩郡檜原村藤原

夢の島公園

え?こんなところで?と思いましたか?

でもここも、東京にある数少ない星空スポットの1つです。

ただし、天の川は条件が重ならないと難しいかも。

気軽に行ける場所なので、何度もトライできるのもいいですよね(^O^)

東京都江東区夢の島

菜の花台展望台

神奈川県秦野市からヤビツ峠に向かう途中にある菜の花台(ヤビツ峠)展望台。

ここもとてもきれいな星空が見えることで有名なスポット。

運が良ければ天の川も見れます!

また夜景も有名なので、星空観測と夜景観察が同時に楽しめるというちょっとお得なスポットでもある(笑)

ただし、この付近は心霊スポットとしても有名です・・・。

神奈川県秦野市羽根1079-5

栃本広場

東京から約2時間、埼玉県秩父市にある栃本広場も有名な星空スポットです。

天の川もはっきりくっきり綺麗に見えるほどの、満天の星空。

広い駐車場にトイレも完備されていて、多くの天体ファンが集まるために安全性は比較的高いです。

埼玉県秩父市大滝

戦場ヶ原

栃木県中禅寺湖の北にある広い湿原です。

中禅寺湖をめぐって、男体山と赤城山が戦ったといわれる神話の舞台です。

名前の由来がそのまんまですね(*‘∀‘)

湿原でトレッキングやハイキングが出来ることで有名ですが、星空も綺麗!

はっきりした天の川も見ることが出来ますよ!

栃木県日光市中宮祠

スポンサーリンク

天の川を肉眼で!-さいごに

東京から気軽にいけるところに、天の川の観測スポットがあることに驚いた方も多いのではないでしょうか。

ただ、そういった場所でも天の川を見ることができるかどうかは、運次第です。

そして最後にもう1つだけちょっとしたコツを。

観測場所に着いたら、車のライトもルームランプも全て消して10~15分ほどかけて、目を暗闇に慣らしましょう。

目が暗さに慣れないと星空は綺麗に見えませんよ。

スマホのモニターは意外と明るいです。

途中でスマホを見た場合は、また目を慣らしてから再度挑戦してくださいね。

そして、昔から言われている七夕の天の川は旧暦の7月7日です。

今年(2017年)の旧暦7月7日は、現在の8月28日!

旧暦の七夕の日は天の川が見やすい日です。

夏休み最後の思い出に星空観測にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?(^O^)/

おススメ! 七夕のおすすめデート 東京でも夜空が楽しめるって知ってました?