上の子の運動会に赤ちゃんの下の子を連れて行く!気を付けることは?

上の子の運動会に赤ちゃんの下の子を連れて行く!気を付けることは?

子供が2人以上いると、上の子の行事に下の子を連れて参加する事ってありますよね?

よく授業参加などでは下の子を連れているお母さんを見かけました。

では運動会の場合はどうでしょう?

頼れる人がいない場合、上の子も赤ちゃんも一人で見る事になります。

そこでどのような対策があるのかご紹介します。


スポンサーリンク
  

赤ちゃんと上の子の運動会に参加!

子供の運動会に、もちろん応援に行きますよね!

でも運動会に出る子供の下に、赤ちゃんがいたらどうしますか?

近くに子供を預けられる人がいない場合、または赤ちゃんが人見知りする場合は母親が子供を連れて行かなければなりません。

お父さんだって見に行きたいでしょうから、パパが赤ちゃんと一緒に留守番なんてできないですしね。

運動会ってお母さんと上の子供が、一緒に何かをするプログラムがあったりしますよね!

その場合、下の子はどうしたらいいのでしょう?

また写真やビデオはどのように撮ればいいのでしょうか?

お父さんも一緒に運動会に参加できる場合は助けてもらえますが、お母さん一人の参加だと困ってしまいますよね?

その為に事前に対策や準備を念入りにする必要があります。

まず気を付けてほしいのが応援するための場所取り!

幼稚園や学校によっては、親の場所取りがヒートアップして来てますが、赤ちゃんがいるときは一緒にヒートアップしちゃダメ。

夫や他の家族が場所取りをしてくれるならともかく、そうでないならギリギリまでお家で赤ちゃんをゆっくりさせてあげましょう。

良い場所を取れないと写真やビデオを撮る事が難しくなりますが、仕方ありません。

また、カメラを持って赤ちゃんを抱っこやおんぶしている状態はとても危険です。

カメラに集中してしまうと赤ちゃんへの配慮が薄れてしまうからです。

周りのお母さん方は子供を撮るために必死なので、赤ちゃんにぶつかったり、潰されたら大変ですよ!

なるべく人が多く集まる場所は避けて、風通しが良く、日陰の場所を取りましょう。

運動会に下の子の赤ちゃん対策には何をすればいい?

赤ちゃんが一緒に運動会へ参加の場合、一番気を付けなければならないのが紫外線です!

運動会は一日中屋外でやるので、紫外線が直接当たりますよね。

春だと5月、秋の場合は9月や10月が多いですが、いずれも紫外線に注意が必要な時期。

曇ってくれたらまだしも、晴天の運動会日和になると大人だって注意が必要です。

ましてや赤ちゃんがまともに紫外線を浴びたら大変ですよ。

赤ちゃんは肌がまだ丈夫ではないので、強い紫外線が当たると荒れてしまったり、火傷してしまったりします。

なので赤ちゃんが日に当たらない様に対策する事が重要です。

その為に必要なものは、帽子、赤ちゃんに掛けられる物、赤ちゃん用の日焼け止めなどですね。

別記事で赤ちゃんの紫外線対策について詳しく書いているので、そちらも参考にしてみてくださいね。

運動会で赤ちゃんの日焼け止め対策!テントもおすすめ!その他の対策は?
赤ちゃん連れでの運動会の応援は、何かと気を使うことが多いです。運動会は気候が良く、陰もあまりないので皮膚が弱い赤ちゃんの紫外線対策は真っ先に気になるところ。それに紫外線だけでなくて、暑さ対策や授乳対策などいろいろありますよね。全てご紹介します!

もちろん大事なことは紫外線対策だけではありません。

赤ちゃんがゆっくり休める場所作りも忘れてはダメ。

一日中、赤ちゃんを抱っこしたりおんぶしているのは、現実的に難しいですよね。

なのでベビーカーを持参したり、日陰のところにビニールシートを引いて、赤ちゃんが体を伸ばせるようにしてあげてください。

スポンサーリンク


また、運動会で赤ちゃんをあまりかばってあげられないと、赤ちゃんはぐずりやすいです。

大泣きをしてしまったら、運動会を見る事に集中できないし、周りの家族にも迷惑ですよー。

赤ちゃんをあやす為に、お気に入りのおもちゃやお菓子などを持参しておくといいですよ!

授乳中の赤ちゃんの場合は授乳ケープなども忘れずに持って行きましょう!

いつもと違う方法をすると上手く飲む事が出来ず、水分不足になってしまいますからね。

園や学校によっては授乳室を作ってくれているところもあるので、先生に聞いてみるのもおすすめです。

運動会に赤ちゃん連れて行く時に注意すること!

運動会をする時期は暑い時期が多いですよね。

暑い日に屋外にいると、気が付いた時に水分不足になってしまったり、熱中症になる恐れがあります。

気付かないうちに水分は飛んでいくので、自分で水分を摂取できない赤ちゃんには十分に注意する必要があります。

こまめに水分補給をしてあげてください。

そしてあなた自身の水分補給も忘れずに!

次に注意したいのは、幼稚園などで多いお母さんと上の子が一緒に参加するプログラムです。

夫や両親などが一緒に来ているのであれば面倒みてもらえばいいんですが、そういう人がいない場合の対応策を事前に考えておきましょう。

園によっては一時的に預かってくれるスペースを設けているところもありますし、お母さんの代わりに先生に我が子とお遊戯してもらうことを検討した方がいいかもしれません。

何があるか分からないので、ちょっとの間だからと言って目を離してはいけません。

そしてもう1つ。

赤ちゃんは指を舐めたり、目を擦ったりしますよね。

外にいると、手が汚れがちなので頻繁にウエットティッシュで指を清潔にしてあげましょう。

手に砂がついたまま目を擦ってしまったら、眼球を傷付けてしまいますからね。

そして無事に運動会が終わって家に着いたら、赤ちゃんを綺麗にお風呂で洗ってあげて下さい。

校庭の砂埃などで汚れています。

汚れたままにしてしまうと肌荒れの原因になりまねません!

すぐに清潔にして、着替えさせてあげましょう。

そして水分をたっぷり摂りましょう。


スポンサーリンク

上の子の運動会に赤ちゃんの下の子を連れて行く!気を付けることは?-さいごに

赤ちゃんを連れて運動会に行くのはとても大変ですよね。

なかなか赤ちゃんに集中できなくなりがちですが、意識して赤ちゃんの様子を見てあげる事が大切です。

またお母さんも水分と休憩をしっかり取りながら、我が子の活躍を見守ってきてください!