車の中に鍵マークが点滅!エンジンを切ると光るこの赤いランプって何?

車の中に鍵マークが点滅!エンジンを切ると光るこの赤いランプって何?

車を停車させてエンジンを切った後、鍵のマークがピコピコ点滅したりしている事はないでしょうか。

車の中に鍵が入ってるようなマークが、赤色でピコピコ点滅。

赤色で点滅しているので、「え?何か警告!?」って焦りますよね。

私は初めてこのマークを目にした時、かなり焦りました(笑)

実はこのマークは防犯用のマークでもあります。

この赤いランプについての仕組みをご紹介していますね。


スポンサーリンク
  

車のメータ近くに鍵のマークが赤く点滅してる!何かの警告?!

車のメーターには様々な警告ランプなどが表示されるようになっています。

表示をする事で車の異常などを早期に発見したり、運転中に支障が出ないような仕組みなんですね。

この警告を無視したり気にしないでいると、場合によっては事故に繋がったり、トラブルの原因になったりします。

様々な警告ランプがありますが、速やかにディーラーや自動車整備工場に持っていく必要がある場合もありますよね。

その中で、車の鍵のマークのランプがついた事はありませんか?

運転している時は付きませんが、車のエンジンを切って車のキーをロックした際にメーターが点滅して驚く事はありませんか。



始めて私がそのランプに気付いた時はかなり焦りました^^;

車の警告ランプって2種類あるじゃないですか。

オレンジ色と赤色と。

私も車についてはそこまで詳しくないんですが、オレンジ色は今すぐどうこうっていうものではないけど注意が必要、赤はすぐに必要な対応をするっていう理解でいます。

たとえばウオッシャー液の補充が必要になってきたら、オレンジ色のランプがつきますよね。

これは今すぐに補充しないと正常な運転が出来なくなるわけではないけど、忘れないようにねーっていう意味を込めての注意喚起。

でも車のドアがきちんと閉まっていない状態で走り出してしまえば、重大事故に繋がりかねないので赤色で警告。

みたいな感じで理解しています。

で、この車の中に鍵のマークって赤色に点滅してるじゃないですか。

だから、「あれ?赤色に光ってるけど何か故障?ヤバいの!?」ってプチパニックだったんです(笑)


スポンサーリンク

私と同じように思う人も多いのか、異常だと考えて自動車整備工場に行く人も結構いるようですよ(仲間♪)

ですが実はこの点滅は、「イモビライザー」と言うものなんです。

イモビライザーとは、電子的なキー照合のシステムの事で、専用の鍵以外では始動できなかったり開錠施錠ができないシステムの事です。

最近の車はセキュリティーも発達していて、不正に開錠したり車上荒らしなどの対策もしっかりしていますよね。

無理矢理車のドアを開けようとしたら、ビービーとうるさく警告音をならしてくれるなんてのも、今や当たり前になってきてます。

そういったシステム全般のことを「イモビライザー」と言うんですが、このイモビライザーがしっかりと機能をしていますよと言う合図の点滅が、この車の鍵のマークなんです。

ただし、車のエンジンをつけていて鍵のマークが点滅したりする場合は、車の鍵の電池が切れていたり、切れそうになる警告の場合もあります。

ということで、一概にイモビライザーだから点滅しているだけで、特に気にしなくてもいいとは言い切れませんが、エンジンを切っている状態で点滅している場合はイモビライザーです。

安心してくださいね^^

エンジンを切るとつく「車の中に鍵マーク」って何?

ここまで説明してきたように、エンジンを切るとつく車の中に鍵マークはイモビライザーの事で、イモビライザー正常に動いていますと言う合図の点滅でもあります。

このランプが点滅していない場合は、イモビライザーが機能していなかったり、もともと車に搭載していない車種の可能性もあります。

自分の乗っている車がイモビライザー搭載かどうかは、車の説明書や型番などでインターネットなどで検索できますので、一度確かめてみるといいでしょう。

このメークがつくと、故障を疑ったりしますが、このマークに限っては安心してもらって大丈夫です。

防犯機能の事ですので、防犯がしっかりとしているという合図でもあります。

この機能があるのとないのではどう違いがあるのかを見ていくと、防犯の面で大きな差が生まれてしまいます。

車上荒らしなどの被害が防げるのです。

イモビライザーは前述の説明通り、登録されているキー以外の照合では鍵が施錠・開錠できないシステムです。

例えば、不正に作成したキーや複製品(スペアキー)では、キーが開錠出来なったりします。

また、車のガラスを割って入るような場合でも、センサーが反応してブザーがなったり、周囲にわかるような警告を出します。

このような機能で、防犯面にすぐれているのです。

最近では物騒で、いろいろなアイテムが出ていて、車の鍵をしっかりと施錠していても車上荒しなどに遭遇するケースが多くあります。

そういった被害を少しでも軽減されればいいのかなと思います。

鍵のマークで勘違いをしている人もいるのですが、車種によっては鍵のマークではなく、ただのランプの点滅の場合もあります。

イモビライザーは、キーと車体に搭載されたキー照合で行われるので、キーを紛失してしまった時や、キーの電池が消耗して亡くなった場合は機能が果たせない場合がほとんどです。

一概に言えませんが、車種によっては、車の鍵のマークが点滅すると、キーの電池が弱くなっていたりする事もあります。

自分が乗っている車にイモビライザーが搭載されていて、どのランプがつくのかを予めチェックしておくといいですよ。


スポンサーリンク

車の中に鍵マークが点滅!エンジンを切ると光るこの赤いランプって何?-さいごに

最近の車は、安全性能が発達してきていて、車の走行の安全性だけではなく、盗難や車上荒しなどのリスクにも対応しています。

車のエンジンを切ると、メーターの表示パネルの車の鍵のマークが点滅して、不安に思われる人もいるでしょうが、その点滅はイモビライザーといいセキュリティーがしっかり作動しているという証拠でもあります。

車体に搭載された暗号と、キーの暗号の照合がマッチングすればキーが施錠開場ができるシステムです。

このマークが点滅している時は、しっかりとこの機能が働いているという事ですので、安心してカーライフを楽しんでください。