カレンシーオンラインで海外送金!カナダから日本へ送金してみたよ!

カレンシーオンラインで海外送金!カナダから日本へ送金してみたよ!

これまでカレンシーオンラインの口座開設の方法、自分の口座お金を入金するための手順、送金先の登録などステップバイステップの操作方法をご紹介してきました。

ここでは実際に私がカナダから日本へ海外送金をした時の手順を、画面付きで詳しくご紹介します(*´▽`*)

送金方法以外の記事は、こちらを参考にしてくださいね♪


スポンサーリンク
  

カレンシーオンラインで海外送金!カナダから日本へ送金してみたよ!

Currency Onlineでの両替、送金手続きはとっても簡単!

画面の指示に従って進めばそんなに複雑でないし時間もかからないので、ちゃちゃっと出来ちゃいます。

たーだーし!!

指示は全て「英語」なのですよ。

ちょっとした読み間違いとか(ToとFromを間違えるとかね)で、う゛う゛う゛・・・とならないように、注意してすすめてくださいね(”ω”)ノ

基本的に、まずは通貨の両替を確定させて、それから両替後の通貨を送金する手続きをするという流れです。

ちなみに私が口座開設した時は、最初の取引は手数料がかかりませんでした。

これは口座開設した時に日本人担当者の方から送られてきたメール(日本語)に、書かれていたのであなたもチェックしてみてくださいね(^▽^)/

保証はできないですけど今もそのキャンペーン(?)はやっていることが多いみたいです。

もしそうなら、なるべくまとまったお金にしてから送金手続きをした方がお得ですよ♪


全てはたったの5ステップ!

では、いってみましょう!




まずは、ログインしてトップ画面に入ります。

送金手続きの画面への進み方は2通り。

画面真ん中の紫の部分にある「GO」というアイコンをクリックするか、画面上部のメニュー画面左側にある、「New Transaction」をクリックするかです。




するとBasic Processと銘打って、Step1からStep5まで書かれていますよね。

この手順で手続きを進めますよーということです。

Step1の横の「Confirm the currencies you would like to exchange」もしくは右下の「Start」をクリックしましょう(=゚ω゚)ノ




次の画面は、両替したい通貨の確認です。

最初の「What currency will you be paying us?」は元手となる通貨ですね。

カナダ(カナダドル)から日本(日本円)にお金を送りたいのであれば、ここはカナダドルとなります。

もしイギリス(ポンド)からアメリカ(USドル)に送りたいんだったら、ポンドを選びましょう(=゚ω゚)ノ

その次「What currency will we send to your recipient?」は、今度は送金する通貨ですね。

カナダ(カナダドル)→日本(日本円)であれば日本円、イギリス(ポンド)→アメリカ(USドル)であればUSドルとなりますね。

その下の2行(赤枠で囲ってる部分)は注意てください。

といっても、間違えたら戻ればいいだけなんですけど(笑) 

ここでは、両替前と後どっちの通貨を基準にするのかを聞いているんです。

ちょっと分かりにくい?つまり、こういうことです。

カナダドルから日本円への両替をするとしましょう。

この時、10,000カナダドルを日本円に両替したいのか(日本円の金額が為替レートで変動する)、100万円分の両替をしたいのか(カナダドルの金額が変動)、どっちがいいの?って聞かれてるわけなんです。

うーん、まだちょっと分かりにくい?(/ω\)

前者であれば、その時のレートで日本円の金額が変わりますよね。

そして後者であれば、両替後の100万円を固定としているので、そのために用意しないといけないカナダドルがレートによって変わってくるってことです。

手元にあるカナダドルを全て日本円に両替したいのであれば、「exact amount of CAD」と、決まった額の日本円が必要なのであれば、「specific amount of JPY」を選択してください。

どちらかを選択したら、Continueをクリック。




次はいよいよ両替する金額の確定です!

両替したい金額を入力しましょう。

さっきの画面でカナダドルを基準に両替額を決める設定にしていたらカナダドルが、日本円を基準としていたら日本円が、一番上の行に表示されているはずです。

あ、間違えた!と思ったら、「Back」でさっきの画面に戻り修正することもできますよ♪

カナダドルを基準とした場合と、日本円を基準とした場合の両方の画面を見てみましょうか。




まずはカナダドルを基準とした場合の画面です。

まず、両替しようと思っている、カナダドルの額を入力しましょう。

そして、「Get estimate」をクリック




すると、適用される両替レート、そのレートの場合に日本円で幾らになるのか、手数料、用意すべきカナダドルの金額が出てきます。

今回は両替前の通貨であるカナダドルが基準となっていること、手数料がゼロであることから、自分で入力したカナダドルの金額=用意すべき金額となっていますね。

あ、そうそう。

Currency Onlineは、両替のレートが刻々と変動します。金額を入力する欄の下、Rateの欄を5分くらい見ててください。

レートが変わるのが分かるハズ!

Rateが変われば日本円で幾らになるのかという、両替の結果ももちろん変わります。

自分の好きなタイミングで、両替のレートを確定できるってことですよ♪(´▽`*)


スポンサーリンク

さあ、次は日本円を基準とした方を見てみましょうか!

さっきと同じような画面ですね。

でも入力する金額は日本円です。

入力したら、「Get estimate」をポチリ!




次もまた、さっきと似た画面ですね。

今回は両替後の金額を先に確定させているため、両替レートによって用意すべきカナダドルの金額が変わるということになります。

カナダドルを基準とした場合も日本円を基準とした場合も、レートを見ながらここで確定!って時に、「Continue」をクリックしましょう(^O^)/




次は送金先の指定です。

ここでは送金先の口座情報などをすでに登録済みという前提で、説明していきますね。

まだの方は、↓の記事を参考に登録してね♪

おススメ! カレンシーオンラインの使い方 送金先の登録手順を詳しくご紹介




Recipient of paymentから、送金先を選択しましょう。




下にあるContinueをクリック




Continueをクリックすると、「すべての送金は、送金理由が必要ですよー」という注意書きがポップアップで出てきますよね。

実は、さっきの画面でもう1つ入力すべき項目があったんです。

でも意外と見過ごされてしまいがちなので、あえてそのままで進んでみました(;^ω^)

では、OKを押しましょう!




はい、もう一回さっきの画面に戻りましたね(;^ω^)

Provide recipient details nowのところにある、Reason for Paymentの欄のAdd…をクリックしてみましょう!




画面が下にススッと伸びて、Enter your reason for paymentって出てきますよね。

ここで、今回の送金目的を登録します。




毎回、同じ理由で送金するという人は、Apply this reason to all my paymentsにクリックを入れてもOKですよー。

そして、Save reason for paymentをクリック




さ、もう一度「Continue」をクリックしましょう!

この時、念のために両替後の日本円が幾らなのか、手数料は幾らなのかなど確認しておきましょうね!




次の画面は、送金における注意事項が書かれています。ざっくり書くとこんな感じ。

  • 送金内容の確認をするまで、お金は送っちゃダメですよ。
  • あなたが送金内容の確認をしたら、すぐにCADの送金情報を送ります!
  • カナダドルを送金する時は、Currency Onlineの口座と同じ名義人の口座から送金してください。もし違う名前で送る場合は、送金前に一報入れてください!
  • カナダドルの送金は、2017年1 月5 日までに自力で送金してください。カレンシーオンライはこの送金作業を手伝えません(2016年12月30日23時ごろに送金手続きをした時の〆切日です!)
  • 最短で2017年1月5日(木)に日本円を送金先に送金します。でもあなたからの支払(入金)が遅れたら、日本円の送金も遅れます。いかなる場合も現金での支払い(入金)は受け付けません!

※ここで書かれる日時はカレンシーオンラインがあるNZ時間なのか、あなたがいる地域の時間なのかははっきりしません(;^ω^)
※この時私の口座にはすでにお金を入金してありました。入金済みでもこの文章は出るんだと思います。

注意事項をよく読んで、下の部分のTick this box to confirm……にチェックを入れて、Continueをクリックしましょう。




はい、もう一度今回の両替&送金内容が表示されますね。

そしてその下に、もう一度さっきの注意事項が。

内容をちゃーんと確認して、Confirm transaction nowをクリックしましょう。

ちなみにこの段階でも、Confirmを押すまではレートの変動が反映されてます!




送金手続き中・・・。




最終的な確定情報がこちらですね。




事前にCurrency Onlineの口座にお金を送っていない人は、入金しないといけないですよね。

その送金先が↑の画面に書かれています!

「Please send your payment to:」っていうところに書いてあるのが、カレンシーオンラインへの入金先情報です。

多分、カナダドルを送る人はみんな同じ口座への送金なんだと思いますが、Bank of New Zealandへの送金となります。

ここで注意しないといけないのは4点!!

  • New Zealandに送金だけど、カナダドルのままで送りましょう!
  • 間違っても、NZドルや日本円にして送らないように!
  • 銀行のお姉さんにも、カナダドル建てで送るように念を押しましょう!
  • カナダドルから他の通貨に両替をするのは、Curency Onlineでやるのです!


Currency Onlineの口座の名義と、同じ名義の口座から送金しましょう!

送金時に、Refeence to quoteに書かれている英数字(Transaction numberと同じ)を入力して送金すると、自分の口座(Currency Onlineの)への入金が確実になります

〆切日に間に合うように送りましょう!海外送金は時間がかかりますよー。



カレンシーオンライン側で入金を確認したら、指定した日本の口座へと送金をしてくれます。

送金依頼の手続きをする前にすでに入金していた場合は自動で送金をしてくれるので、何もしないで待ってればオッケー!

ただ、手数料等を含めた必要なお金全額が入金されていることを、もう一度確認してくださいね(=゚ω゚)ノ




私の時は、事前にCurrency Onlineの口座へ入金。

その後で両替、送金手続きを行いました。

送金先は日本のSMBC信託PRESTIA(旧CITIBANK)です。

2016年8月4日15:00
CADからJPYに両替、日本への送金依頼 

2016年8月7日25:00ごろ
まだCurrency Onlineの口座にお金があるのを確認

2016年8月8日11:00
Currency Onlineの口座からの出金を確認

2016年8月8日21:00
まだPrestiaの口座へは未到着

2016年8月8日24:50
Prestiaの口座への入金確認




こんな感じの流れだったかな。あ、全部カナダ東部時間です。

Currency OnlineのあるNZから日本への送金なので、週末やNZと日本の祝日に重なっちゃと、もう少し時間かかるかもですね。

あ、そうそう。Prestia側で2,500円の手数料を取られてました。

初回の取引にかかる手数料が無料というのは、あくまでもカレンシーオンライン側での話です。

送金先の銀行では、通常通りに手数料が取られる可能性がありますよー。

そして一番時間がかかるのが、Currency Onlineからの出金って感じですね。

スポンサーリンク


手続きも簡単だし、これ以降もカナダ→日本以外の送金でも何度か使っていますが、特に問題が発生したことはありません。

海外から日本への送金方法を探している方、特にまとまったお金を送りたい方はカレンシーオンラインを検討してみるのもいいと思います(^▽^)/

もちろんカレンシーオンラインが唯一絶対のベストな送金方法ではないので、あくまでも候補の1つという認識でいてくださいね(*´▽`*)