車が水没したらエンジンはどうなる?修理可能?保険は?

車が水没したらエンジンはどうなる?修理可能?保険は?

ゲリラ豪雨や集中豪雨などで車が水没してしまってる光景を、ニュースなどで見たことはありませんか?

車って水没してしまうとどうなるんでしょう

もう動かせなくなる?

修理すれば使える?

それとも廃車しか選択肢はない?

保険はきくの?

今日の記事では、そんな質問を解消していきます!(=゚ω゚)ノ

おススメ! 東京のゲリラ豪雨の原因はなぜ?予測は難しい?都市部での対策はこれ!

スポンサーリンク
  

車が水没したらエンジンはどうなる?

先日、「ゲリラ豪雨の時に運転していて水没したらどう脱出する?」という記事で、「マフラーの高さまで浸水するとエンジンに水がかかって車が動かなくなる」って書きました。

雨が降って来た時にボンネットを開けていて、エンジンに雨がかかった。

これはどうってことありません、外側からですから。

でも路上の雨水の水位が上がってきた場合は、エンジンの内側が浸水されていってしまいます。

マフラーに水が侵入してもエンジンにダメージを与えてしまいます。

マフラーが水に浸かっていたら、ほぼエンジンもやられていると思いましょう。

車の構造上、エンジンルームに水が浸入すると電気系統にダメージを与えてしまいます。

その場でエンストを起こしてしまうことだってありますし、後日徐々に悪くなっていって最終的にエンジンが動かなくなってしまうと思いましょう。

また単に水没したとかいうだけでなく、水の勢いで横転してしまったりした衝撃で、感電する程のエネルギーを持っていたり、最悪の場合は火災が発生することだってあり得ます。

  • 車が水没してしまったら、エンジンへのダメージは少なからずある
  • 損傷がひどい時は、しっかり安全確認をしてから車に近づく

この2点をまずは覚えてくださいね。

スポンサーリンク

車が水没したら修理できる?廃車になる?

恐らく、多くの方が気にしているであろう質問。

水没した車は修理可能?

一言で回答すると、修理可能なこともある。たーだーし!

となります(笑)

「ただし」に続く言葉を説明しますね。

まず、エンジンが水に浸かるとどうなってしまうのかというお話から。

当然エンジン自体がダメージを受けてしまいます。

また様々な電気配線や電子制御装置もダメージを受けている可能性が高いです。

そして、水に浸かってしまったということで、特に海水に浸かってしまった場合はあちこちの部品で錆びたり腐蝕が進んでしまうため、オーバーホール(分解整備)が必須となります。

場合によったら車体も分解して清掃する必要があるかもしれませんよね。

これを全部やろうとすると、相当なお金がかかります!

さらにですよ?

車内にも水が侵入してきてしまっていたら・・・。

当然、シートを取り換えないとダメですよね。

それに臭いがしますので、それの対応も必要です。

もちろんダメージの程度にもよりますが、ひどいと新しく車を買いなおした方がマシっていうくらいのお金がかかってしまうんですねー。

ということで結論です。

  • 水没した車を修理することは可能なこともある(程度問題)
  • でもそれには相当なお金がかかる。

ちなみに、がっつりとエンジンルームが水に浸かってしまった、車内にまで水が侵入してしまった場合、車を手放して新車に乗り換える人の方が圧倒的に多いそうですよ。

あ、そうそう。

もし修理工場で一度見てもらいたい場合、自分で車を運転して行っても大丈夫かどうかは、一度電話でプロに相談してからにしましょう。

今は走行できても、運転している途中でエンストを起こしてしまう可能性だってあります。

状況を詳しく説明して、プロの判断を仰ぐのがおすすめですよ(=゚ω゚)ノ

車が冠水した場合保険はどうなる?

次に気になるのが、じゃあ保険はどうなるの?ってことですよね。

修理するにしても乗り換えるにしても、保険が適用されるのとされないのでは大違いです。

これはもう、契約内容によるとしか言えません。

どこまでの被害であれば全損扱いになるかも保険会社、個々の契約内容次第です。

そうはいっても目安を教えてくれ!って思ってますよね、きっと。

はい、知っておくべきポイントをリストにしますね。

  • 車両保険に加入していれば車が水没した場合、補償対象となる事が多い
  • ただし地震、噴火、津波が原因となる水没は補償対象外(台風、高波、ゲリラ豪雨などは対象)
  • 保険を使ったら翌年は1等級ダウン、事故有り係数適用期間が1年加算
  • 幾ら保険金が支払われるのかは、車の損害程度と契約内容による

まずは車両保険に加入しているかどうかがポイントですね。

実は車両保険への加入率って意外と低いんですよ( ゚Д゚)

日本損害保険協会が発行した「日本の損害保険-ファクトブック2016」によると、2015年3月末の時点で車両保険への加入率は全国平均で43.2%です。

加入率が一番高いところで愛知県の57.2%

これは2000年にあった東海豪雨の影響ですかね。

任意保険に加入しているという人は多いと思います。

それでも全国平均で80%にいかないんですが・・・。

ただし任意保険にもいろいろな種類があります。

その中の車両保険に加入していないと、水没してしまっても保険金を受け取れない可能性が高いということなんですね。

これはよく覚えておきましょう!

スポンサーリンク

水没した車の修理と保険-さいごに

私が子供のころは、台風とか集中豪雨の被害が出やすい地域ってあったような気がします。

水害が起こりやすい地域というか。

でも昨今では、あちらこちらでゲリラ豪雨もおきて今までとは違った水害が起こるようになりましたね。

特にゲリラ豪雨は事前の予測はなかなか難しいので、それゆえに被害が出やすいんです。

まさに都市型水害とかがそう。

昔なら、この辺は水害が起きないから・・・と暢気に構えていた地域も、今となってはその考えは禁物だなーと痛感しますね(;’∀’)

おススメ! 雨で濡れた革靴を乾かす!硬くなる前に新聞紙とオイルでお手入れを!