e-Transferのカナダでの使い方 TD Bankから送る場合

e-Transferのカナダでの使い方 TD Bankから送る場合

photo credit: JeepersMedia TD Bank via photopin (license)

e-Transferって聞いた事ありますか?

カナダで生活していると、一回くらい聞いたことがあるんではないかと思います。

日本ではあまり聞かないサービスなので、ちょっと戸惑ってしまう人も多いんじゃないかなと思いますが、振り込みサービスの1つで送金も受け取りもとても便利なんですよ!

カナダではとても一般的な送金方法なので、友達にe-Transferで送っておいて!って言われて、慌てて使い方を調べていたらここにたどり着いたっていう方もいるかもしれませんね。

ここではTD Bankからe-Transferで送金する時の方法を、詳しくご紹介します(^▽^)/

スポンサーリンク

e-Transferとはカナダの振り込みサービスの1つ

普通、銀行口座に振り込みをする時って、相手方の口座情報(銀行名、支店名、口座番号、口座名義)が必要ですよね。

これはカナダも日本も一緒。

そしてこれとは別に、e-Transferっていうサービスがあるわけです。

日本でも光熱費とか携帯代とかの支払は、もう振込は使わずにクレジットカードとか銀行引き落としですよね。

あ、家賃は振り込みの人も多いですかね?

あとは通販の時に銀行振り込みを使う人が多いでしょうか。

また個人間のお金のやり取りで、振り込みを使う人も多いと思います。

カナダではこういった類の事で、銀行振り込みをすることはほとんどありません。

たまに個人経営レベルの方への支払いで、銀行振り込みが選択肢の1つに入ってるくらいですね。

私が経験した限りで銀行振り込みは1つだけ。

タックスリターン後のCreditなどの受け取りに、口座振り込みを選択できることくらいですかね。

そして個人でのお金のやり取りでは、振込よりもこのe-Transferが圧倒的に使われています。


なぜe-Transferがここまでメジャーなのかというと、簡単だし何よりも相手に銀行口座の情報などを教えてなくても済むからじゃないかと思ってます。

e-Transferって、相手のメールアドレスさえ分かっていればOKなんですよ。

相手の口座情報が分かんなくても問題なし。

あとは双方だけが知っている「秘密の質問と答え」が分かっていれば大丈夫。

お金(メール)を受け取った人が入金先口座を自分で指定するので、お互いに自分の口座情報を教えなくてもいいっていうメリットがあります。

送金手続きも受け取り手続きも、2~3分あれば簡単に出来てしまうので、おススメですよ。


スポンサーリンク

e-Transferの使い方 TD Bankから送金するには


まずは、TD Bankのオンラインバンキングにログインしましょう。

左サイドメニューから「Transfers」をクリック


そして「Interac e-Transfer」をクリック。


送金先の登録をしていない人は、まず登録をしましょう。

Toの欄にある、「Add Recipient」をクリックします。


送金する相手の名前とメールアドレスを入力。

そして、秘密の質問と答えを作成しましょう。

質問と答えは忘れないようにしてくださいね!

さらにこの質問と答えは、お金を送る相手にも伝えるものです。

普段他のサービスなどで使っていたり、知られたら恥ずかしい(笑)類のものは設定しないことをおすすめします(;^ω^)


そのまま送金手続きをするときは、Pay This Recipientをクリックします。


さっきの画面に戻りましたね?

では、Sender Nameを選択してください。


ここでは、お金を出金する口座を選択します。


送金額を入力します。一度に送金できる上限額が設定されている場合もありますよー


送金先を選択。さっき設定した送金先がここの一覧に出てくるはずです!


送金先情報を登録した時に設定した「秘密の質問と答え」が、表示されます。

質問を変えたいときは、ここで改めて設定することも出来ますよ!

定期的に送金する予定で、その度に質問と答えを変えたい場合はここで変更しましょう^^


相手へのメッセージがある時は、ここで入力。

省力しても問題ありません。

間違ってもここに「秘密の質問と答え」を入れたらダメですよ!

メッセージを入力したら「Next」


送金内容を確認して「Sent Money」


これで送金完了です!簡単でしょ?



お金は手続き終了と同時に、口座から引き落とされます。

Debitみたいな感覚ですね。

利用しているプランによって変わりますけど、手数料は大体1回1.5ドルくらいです。

相手側には、手続き終了と同時にメールが飛んできて、入金手続きをするように言われます。

メールは時間がかかっても1時間以内には届くことが多いですよー。

あまりにも時間がかかっている場合は、ちゃんと送金できているか確認した方がいいですね。

ちなみに自分のところには、特にメールは飛んできません!

ただし、オンラインバンキングで取引履歴の確認ができます^^

送ったお金は、相手が手続きを1か月くらい以内にしないと、受取不可になってしまいます。

その場合、お金は送金元の口座に戻ってきますけど手数料は戻ってきませんので、必ず事前に相手に「送ったよ!」って伝えてくださいね(;^ω^)


スポンサーリンク

e-Transferのカナダでの使い方 TD Bankから送る場合-まとめ

いかがですか?

とっても簡単ですよね。

簡単だしお互いに自分の口座情報を教えなくていいっていうメリットがあります。

今回はTD Bankを例に説明しましたが、他の銀行でも基本的に似たようなやり方で送ることが出来ます。

反対にお金を受け取る側になった時に対応も、別記事で詳しく説明していますので確認してみてくださいね!

おススメ! e-Transferの使い方 カナダのTD Bankにデポジットする方法