トロントへは成田と羽田から直行便が便利!アメリカやバンクーバー乗り継ぎもできますよ

トロントへは成田と羽田から直行便が便利!アメリカやバンクーバー乗り継ぎもできますよ

ナイアガラの滝に一番近い国際空港は、カナダのトロントです。

トロントからナイアガラの滝までは、車でも1時間半前後で着いちゃいます。

そして日本からトロントに行くのも、実は選択肢が豊富にあってとても便利なんですよ(*´▽`*)

スポンサーリンク

カナダトロントに行くなら直行便がとても便利

2017年4月26日現在、日本からはエア・カナダが直行便を毎日飛ばしています。

AC006 羽田(17:40)-トロント(16:45) (毎日運航)
AC002 成田(17:30)-トロント(16:25) (5月2日~運航開始、木土日のみ)

AC005 トロント(13:40)-羽田(17:05) (毎日運航)
AC001 トロント(14:00)-成田(15:45) (5月1日~運航開始、月火水のみ)

※成田線は夏の間だけの運航です!
※スケジュールは変わりやすいので、常に最新の情報を確認してくださいね


直行便は、飛行時間が長いですけど一番早いし、何よりも体が楽です!

その分ちょっと高いという事も多いですが、私は空席があれば必ず直行便派です(*´▽`*)

ちなみに、日本からアメリカ大陸へ行くときは同日着となります。

例えば月曜日に羽田→トロント便を使う場合、月曜の17:40発、同じ月曜の16:45着となるんです。

時間だけを見れば、12時間近く空を飛んでいたのに1時間くらい戻ってしまうんですねー。

逆にアメリカ大陸から日本に戻る場合は、翌日到着となります。

これまた例えば月曜日にトロント→羽田便を使うとしましょう。

月曜日の13:40にトロントを離陸して、到着は翌日火曜日の17:05に羽田着陸です。

トロントから羽田に向かう時は、14時間程かかりますが時計の針でいえば24時間以上経過してしまうんですね。

時差って不思議・・・。

ちなみに、日本からトロントへ行くときと、日本へ戻ってくるときとで飛行時間が違うのはジェット気流の影響です。

気流に乗ってスーッと行けるか、気流に逆らって頑張って戻ってくるかで変わってくるんですねー。

スポンサーリンク

カナダトロントへはバンクーバーやアメリカ乗り継ぎも選択肢が豊富

もちろん、直行便以外の方法、カナダのほかの都市やアメリカを経由してトロントに来ることも可能!

エアカナダは成田からバンクーバーとカルガリーへ飛ばしています。

さらに夏の間だけエアカナダのグループ会社である、エアカナダルージュの関空と名古屋からバンクーバーへのフライトがあります!

エアカナダルージュとは、カリブ、メキシコ、アメリカを中心としたレジャー都市を比較的安価に結ぶ目的で設立された航空会社。

ということは、日本がリゾート認定されたってこと?(。´・ω・)?

日本のANAとJALも、羽田や成田からバンクーバーへの路線がありますよ。

路線の数だけで見れば、トロントよりバンクーバーの方が人気ってことですね。

西海岸で日本に近いし、気候が比較的温暖だから?

アメリカ経由にするともっと選択肢が増えます!

ANAとJAL以外にも、アメリカ系航空会社がアメリカ各地へ飛んでいますよね。

ロスアンゼルス、シカゴ、ニューヨーク、ワシントンDC、他にもいろいろ。

ただ、アメリカ経由の場合はアメリカとカナダでそれぞれ入国審査を受けないといけないので、ちょっと面倒になります(;´∀`)

乗り継ぎのためだけに、アメリカのESTAも取得しないとダメですよー!

計画を立てる時はアメリカ大陸内の時差に注意!

日本とトロントの間に時差が13~14時間あり、日本の方が早いです。

13~14時間と書いたのは、夏時間(サマータイム)があるから。

カナダのサマータイムは、毎年3月の第2日曜日から11月の第1日曜日まで(アメリカも同じ)

サマータイムの間は、日本との時差は13時間、サマータイムが終われば14時間になるんですねー。

あ、サマータイムについては、「カナダのサマータイムはいつからいつまで?仕組みとなんのために実施してる?」を読んでみてくださいねー(=゚ω゚)ノ

直行便の場合には、まあなんとなく時差も計算しやすいと思います。

つい忘れがちになってしまうのが、カナダ国内(アメリカもですけど)にも時差が存在するという事!

バンクーバーはトロントよりも3時間遅いんですよ。

乗り継ぎの時に、そこまで時差を意識しないといけないかというと、実はそうでもありません^^;

バンクーバー乗り継ぎだとして、バンクーバー着と発の時間は同じバンクーバー時間で計算されるので問題ないですよね。

ただ、バンクーバーからトロントまではおよそ5時間くらいのフライトです。

バンクーバーは9時に離陸したら、トロント着は14時のハズ・・・?

いやいや、バンクーバー時間では14時ですけど、トロントでは17時になってます。

逆にトロントを12時にでたら、バンクーバーに到着するのは?

トロント時間の17時着とすると、バンクーバーは3時間早い14時です!

この辺を知っておかないと、あれ?行きは8時間のフライトなのに、帰りはたったの2時間???なんで??

なーんてことになってしまうってことです(;´∀`)

スポンサーリンク

トロントへのアクセス-さいごに

海外旅行をするうえで、飛行機代って大きいですよね。

少しでも安く安く・・・って考えていると、やたらと乗り継ぎの多い工程になってしまうことも。

そして乗り継ぎが多くなるほど、現地で使える時間が少なくなりますし、到着時間が夜遅くなってしまうなんてことも。

何よりも体力を消耗します!

安さばかりを追い求めずに、その辺もぜひ考慮してみてくださいね(*´▽`*)