屋外での熱中症対策は水分補給のタイミングと塩分の取り方がポイント!

屋外での熱中症対策は水分補給のタイミングと塩分の取り方がポイント!

夏が近づいてくると盛んに呼びかけられるのが熱中症対策。

最近は屋内にいても熱中症になるよ!っていう注意喚起がされるようになってきましたよね。

屋内の熱中症リスクも確かにありますが、だからといって屋外が安全になったわけではもちろなりません!

これからの季節、野外イベントなどで長時間外で過ごす方が増えてきます。

イベントやお出かけの時くらいしか、長時間外で過ごすことはないという方は特に注意!

知らない間に熱中症リスクが高まっていることも。

今日は屋外イベントに参加する時に、特に注意してほしい熱中症対策について書いています!

ポイントは水分と塩分の適切な摂取ですよー(=゚ω゚)ノ

おススメ! 日焼け止めSPFとPAの違いと塗り方を知れば使い分けできる


スポンサーリンク
  

屋外での熱中症対策はどうしてますか?

熱中症とは、高温多湿の状況で体の中の水分やナトリウム(塩分)、ミネラルなどが急激に失れてバランスが崩れたり、体内に熱がこもってしまうほど体温調節が出来なくってしまう症状です。

熱中症になると、様々な症状がおこり、ひどい時には命の危機にさらされてしまう事だってあるんです。

たかが熱中症とは思わないようにしましょう!

でも逆に、原因が分かっているのでしっかりと対策をすることで、かなりの確率で予防するということでもあります。


熱中症対策は、身体の外側からと内側から行います。

外側からというのは、室内であればエアコンや扇風機の活用があげられますが、屋外ではそうはいかない。

参考 室内で熱中症になるのはなぜ?予防にエアコンは万能でない!

例えばこんなことが出来ますよね。

  • 日陰に避難する、直射日光にあたらない
  • 首筋やワキなどのリンパ腺があるところに、アイスノンや冷凍ペットボトルなどをあてて冷やす(リンパを冷やすことで冷えた血管が体内を巡り、体内温度を下げてくれます!)
  • 風通しのいい服を着る、熱を吸収しない白系の服を着るなど服装に気を付ける

などが思い当たります。

身体の内側からの対策という意味では、

適宜水分補給をする

これに尽きます。

ここからはこの水分補給に注目して、水分と塩分の補給について書いていきますね。

スポンサーリンク

熱中症には水分補給のタイミングがとても大事

汗をかくことで体から大量の水分が奪われてしまうと、熱中症のリスクが高まります。

ということは、水分補給をしっかりとすることが大事!

でもこの水分補給にも間違ったやり方と正しいやり方があるんですねー。

まず、屋外のイベントなどでよく見かける間違った方法。

  • 行列に並んでいたり、トイレが混みあっているからなどの理由でトイレに行くことを避けるために、水分摂取を極力避ける
  • のどが渇いてから水分補給をする
  • がぶ飲みをして一気に水分を取る
  • コーラやジュース、コーヒー、アルコールなどばかり飲んでいる

水分を取らないのは論外ですが、喉が渇いたなーと思った時点ですでに脱水症状は始まっていると言われています。

そして一気に大量の水分を取ると、体内の水分、塩分、ミネラルなどのバランスが一気に崩れることになりますよね。

もっともスポーツドリンクのような水だけでなく、他の成分も含まれている場合は別ですよ。

そうは言っても、一気にがぶ飲みをするとトイレに行きたくなってしまいます。

そこで水分をまたもや放出してしまうので、やはりがぶ飲みはよくない。

さらにコーラやジュースのような清涼飲料水や糖分の多いもの、カフェインなどの利尿作用が含まれているものを飲んでも根本的な解決になっていません!

水分なら何でもいいのではなく、おすすめ水や麦茶です。

緑茶はカフェインが入ってますからねー。

また、野外イベントのように大量に汗をかくときは、塩分(ナトリウム)やミネラルも補充してあげます!

そして定期的に少しずつ水分を摂取してあげると、体内で急激に水分が失われるのを防ぐことができます(^O^)/

熱中症で塩分の取り方を軽視しないで!

さっきから、水分(水)だけでなく塩分とミネラルも!と連呼しています。

汗って舐めるとしょっぱいですよね?

しょっぱいっていうことは、塩分が含まれているわけです!

野外イベントのように長時間炎天下にいる場合は、その汗を大量にかきますよね。

ということは、水分だけでなく塩分も失われているということ。

その状態で、水だけを定期的に取っていたら?

水によって塩分濃度が薄まってしまいますよね。

危険です!

だから塩分も摂取しましょうと言われているんです​٩( •̀ω•́ )ﻭ

食べ物であれば梅干し、最近は塩飴なんかも夏になると出回りますよね。

お昼に梅干しを1つ食べるだけでも効果がありますよー。

ただし、減塩タイプの梅干しだったら熱中症対策という意味ではあまり・・・です(;´∀`)


もう1つのおすすめはスポーツドリンク。

熱中症を予防するには、体内の塩分濃度が0.1~0.2%程度が理想です。

そして巷に出回っている主なスポーツドリンクの塩分濃度は、この数値の範囲内にほぼ収まっているですよ。

さらにスポーツドリンクであれば、水分、ナトリウム(塩分)、ミネラルが全て同時に摂取できてしまうんですねー(*´▽`*)

でもここでまた、ただし!です。

スポーツドリンクって甘いですよね?

塩分が入ってるはずなのに甘い。

要は糖分も大量に入っているんですよ( ゚Д゚)

なので1日に飲む量は考えてくださいね。

いくら大量に汗をかくからと言って、朝から晩までスポーツドリンクばかり取っていては、糖分の取り過ぎで別の問題が発生します(;・∀・)

スポーツドリンク、お水(麦茶)と塩飴など複数の方法で熱中症を予防するのがいいかもしれませんよ!

もし熱中症にかかってしまった場合は、症状を見極めて冷静に対処しましょう!

参考 熱中症で病院に行くべき症状は?救急外来や救急車を呼ぶ基準とは?

スポンサーリンク

熱中症対策には水分補給と塩分-さいごに

いくら熱中症対策に水分や塩分補給が有効だといっても、補給する量が発汗の量を大幅に下回っていたら予防になっていません。

また徹夜で順番待ちをした後のイベントだったりしたら、身体が疲弊していますから熱中症のリスクは高くなります。

いろいろ言われている熱中症予防は、すべて万全の体調があってこそと肝に銘じましょう。

そのうえでぜひ、夏の野外イベントは満喫してください!

他にも似たようなトピックの記事があるのでチェックしてみてください!

夏の悩み(夏バテ・熱中症・紫外線・日焼け)に関する記事のまとめ
夏の悩み(夏バテ・熱中症・紫外線・日焼け)に関する記事を集めました。それぞれの記事の簡単な内容も書いています。知りたいなって思われた記事がありましたら、ぜひご覧ください!