【大河ドラマ】鎌倉殿の13人の「13人」って誰?意味がある? - 小まごの手

【大河ドラマ】鎌倉殿の13人の「13人」って誰?意味がある?

【大河ドラマ】鎌倉殿の13人の「13人」って誰?意味がある?

NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」、みなさんもご覧になっていますか?このドラマは源頼朝と13人の家臣たちの物語なのですが、そもそも「その13人って誰?」と気になりますよね。そこで今回は、13人とはどんな人物なのかを簡単に紹介していきます!

鎌倉殿の13人とは?

2022年1月9日より放送がスタートした「鎌倉殿の13人」は、のちに鎌倉幕府の二代執権となる、北条義時を主人公として平安末期から鎌倉前期を舞台にした大河ドラマです。ここまでは、源頼朝(鎌倉殿)を中心に巻き起こる、殺し合いのデスゲームや権力争いのパワーゲームなどをコミカルに描いています。タイトルの「鎌倉殿の13人」は、「十三人の合議制」を構成する「13人」を意味しています。

鎌倉殿の「13人」ってだれ?キャストは?

頼朝の死後に、鎌倉幕府を裏で動かしていた集団指導体制である「十三人の合議制」。9人の東国武士(源頼朝を支えた坂東の有力な武士たち)と4人吏僚(下級の貴族をルーツとしている官僚たち)で構成されています。「鎌倉殿の13人」のキャストとともに具体的に見ていくと、

  • 北条時政(坂東彌十郎)
  • 北条義時(小栗旬)
  • 梶原景時(中村獅童)
  • 三浦義澄(佐藤B作)
  • 和田義盛(横田栄司)
  • 比企能員(佐藤二朗)
  • 安達盛長(野添義弘)
  • 八田知家(市原隼人)
  • 足立遠元(大野泰広)
  • 大江広元(栗原英雄)
  • 三善康信(小林隆)
  • 中原親能(川島潤哉)
  • 二階堂行政(野仲イサオ)

以上の13人です。この13人の中から次々と脱落者が出ていき、最終的な勝利者は主人公である北条義時ということになります。

【大河ドラマ】その他の豪華キャストたち

豪華キャストが多く出演していることも「鎌倉殿の13人」の見どころの1つ。すでに脱落者となってしまいましたが、源義経には菅田将暉さん、悲劇の最期を遂げる木曾義仲の嫡男には市川染五郎が起用されていました。映画やドラマで活躍している若手俳優の中川大志さんはイケメン坂東武者の畠山重忠役で出演。まだ成人としては登場していませんが、3代執権となる北条泰時役の坂口健太郎さんも楽しみです!

最後に

「鎌倉殿の13人」は、特に大河ドラマではありえなかったコメディ要素と現代劇ともいえるセリフ回しが分かりやすくなっていることが好評です。さらに、他のドラマや映画では主演を張るほどの豪華な俳優さんたちが名を連ねているので、今後のドラマの展開からも目が離せません!