フロントガラス凍結には水?アルコール?お湯かけた結果はこうなる!

フロントガラス凍結には水?アルコール?お湯かけた結果はこうなる!

寒い冬にいざ出かけようと思ったらフロントガラスが凍ってしまっていた。

なんて経験、ドライバーの皆さんなら経験があることと思います。

普段からフロントガラスが凍ってしまうような厳しい寒さの地域の方は日常茶飯事なので対策をされていることと思いますが、普段めったに凍らない地域だと、慌ててしまいますよね。

凍結の対策は何もしていないし、解氷スプレーなんかない!でもすぐに車で出かけなきゃ!そんな時に役にたつ情報です。


スポンサーリンク

フロントガラスが凍結したら水をかける?!

普段凍らないので何も考えずに車に乗ろうとしたら、フロントガラスが凍ってる!

そんな時って本当に困ります。

特に冷え込んでフロントガラスが凍りやすい朝は、忙しいことも多く「遅刻!」「どうしよう!」と焦ってしまいますよね。

そんな時は水を使うという人が多いです。

後ほど詳しく説明しますが、熱々のお湯ではなく、水もしくはぬるま湯(30度程度)をフロントガラスにかける方法です。

水のメリットはなんといっても「すぐに手に入る事」ですね。

まず、車のエンジンをかけエアコンをつけ、フロントガラスを温めましょう。

すこしフロントガラスが温まってきたらゆっくりと水をかけます。

少し時間はかかりますが、解氷スプレーなどが何もない時に使える方法です。

水を先にかけても良いのですが、ガラスを温めてから水で溶かす方が効率的です。

車外の温度がとても低い場合、水が再凍結してしまう事もありますので、様子を見て車を発進させて下さいね。

フロントガラスが凍結したらアルコールをかける?!

自宅など、水以外のものが手に入る場合はアルコールを使うという方法もあります。

実は解氷スプレーの成分ほとんどはメタノール。

メタノールとはアルコールの一種です。

なので解氷スプレーの代わりにアルコールを使うのは理にかなっていますね。

なぜ解氷にアルコールが使われるかというと、アルコールは凍る温度がすごく低いんです。

普通の水が氷るのって0℃ですよね。

でも、100%のアルコールが凍るのはマイナス110℃以下にもなるんです!

アルコールをスプレーして水と混ぜることにより、水分が氷る温度が低くなって凍りにくくなり溶けるという仕組みです。

身近にあるアルコールと言えば、消毒液やお酒などがありますね。

ただお酒と言っても、ビールやワイン、日本酒はだめですよ。

アルコール度数が低いので、スプレーしてもそのまま普通に凍っちゃって解氷どころか氷が分厚くなっちゃう可能性大(;’∀’)

自宅の冷凍庫に入れても凍らないお酒を使いましょう。

目安としては焼酎(25度~)より強いアルコール度数以上のお酒です。

氷を解かすためには、まずアルコールスプレーを作ります。

と、言ってもアルコール消毒液やお酒をスプレー容器に詰めるだけです。

要は解氷スプレーを自分で作ってしまおうということです。

そして、フロントガラスにシュッシュとします。

同時にエンジンをかけて、フロントガラスも温めれば効率的ですね。

ただし、アルコールはいろいろな物を溶かしやすく、ガラス表面にコーティングしてある撥水加工が取れてしまう場合もあるので注意も必要です。


スポンサーリンク

フロントガラスが凍結したらカードで削る!

フロントガラスが凍ったときの対処法ではこちらも使えます。

あの財布に入っているプラスチック製のポイントカードのことです!

たいていの人は少なくとも一枚は財布に入っている、このカードをスクレーパー替わりに使うという方法です。

水やアルコール、エアコンと併用することでより早く凍結を退治できます。

プラスチック製なのでガラス表面にも傷が付きにくいようです。

方法は簡単。

車のエンジンをかけてフロントガラスを温めながら、カードでフロントガラスの氷を削り取ります。

水やアルコールをかけながら削ると、さらに効率がいいですね。

ただ、カードが傷ついてしまう可能性があるので大事なクレジットカードなどは使わない方が無難ですが。

フロントガラス凍結にお湯かけた結果はこうなる!

私も朝出かけにフロントガラスが凍っていてあせってお湯をかけたことがあります。

なんとなく、氷→溶かしたい→お湯と連想してしまいますよね。

でも、実はこれすごく危険な事なのです。

何が一番心配って、フロントガラスが割れてしまう事なのです。

フロントガラスなんてそうそう割れないんじゃないの?

と思ったあなた!

私と一緒ですね。(^_^;)

フロントガラスは簡単に割れないように三層構造になっています。

その層ごとにガラスの種類が違うのですね。

お湯をかけた時のガラスの膨張率などももちろん違います。

車外と車内の急激な温度差だけでなく、ガラスの膨張率などの違いからお湯をかけた時割れてしまう危険性が高いんです!

フロントガラスに小さな傷などがあると余計に割れやすくなるようです。

フロントガラスの修理は10万円くらいでしょうか…。

私はお湯をかけてもたまたま割れなかったので良かったのですが、お湯をかけたら10万パーと思うと、ぞっとします。

そのうえ、一旦お湯で氷は溶けるのですが、すぐにお湯が凍って視界真っ白になってしまうんです。

効果が少ないうえに危険なので私も2度とやりません。

どんなに急いでいてもお湯は厳禁!ですね。

フロントガラス凍結予防策

車で出かける前にフロントガラスの氷を取るのは寒いし、面倒ですよね。

私もついつい車だからと、薄着で車に乗り込んでフロントガラスが凍っている事に気づいて、寒い思いをしたことが何度かあります。

(上着を取りに行けばいいのですが、その時間さえ惜しく感じて寒さを我慢してしまう事も多いんですよね、、、これは私だけ(;’∀’)?)

あらかじめ予防策を立てておくことも有効ですよね。

一般的なのはフロントガラスに毛布をかけておくという方法です。

毛布を窓やドアではさんで固定しておくと更にGood!

でも、雨などで毛布が汚らしくなるのが嫌な人も多いと思います。

最近は専用のシートなども売っていますのでそちらも活用してみてはいかがでしょうか。

またフロントガラスに強力撥水剤を塗布しておくと氷が取れやすいこともあります。

雨の日も便利なのでこま目に塗布しておくといざという時役立ちますね。


スポンサーリンク

フロントガラス凍結には水?アルコール?お湯かけた結果はこうなる!-さいごに

フロントガラスが凍っていると安全面での問題だけでなく、寒い中時間もかかって困りますよね。

そんな時はご紹介した方法を試してみて下さい。

水orアルコール、カードorスクレーパー、エアコンの3つ全部活用すれば時短間違いなしです!

是非やってみて下さいね。