お茶ティーバッグって賞味期限切れても大丈夫?未開封なら?冷凍したら?

お茶ティーバッグって賞味期限切れても大丈夫?未開封なら?冷凍したら?

ある時、思いたって戸棚を掃除してみたら、奥からいろいろなものが発掘された経験はありませんか?

お茶のティーバッグもそのひとつ。

紅茶とかお茶のティーバッグってどうしてもたまってしまいがちですよね。

そして気付いたら賞味期限が切れてたり^^;

多少の賞味期限切れなら気にせずに使っちゃいますが、どれくらいなら大丈夫なんでしょう?


スポンサーリンク
  

お茶のティーバッグの賞味期限が切れてた!

戸棚の奥から出てきたティーバッグ。

よくよく見ると賞味期限が切れていたことはありませんか?

ものによっては賞味期限から何年も経過していたりして、びっくりします。

それはわたしだけでしょうか…?

戸棚の中から、賞味期限の切れた開封済みのティーバッグがでてくるなんて、結構しょっちゅうあるんですけどね^^;

これっていつ買ったのだっけ?と買った時期も思い出せなくて、賞味期限を見てみると3年前のものだったり。

気に入っていたり、いただきものだったり、高級なものだったりすると、処分をするのはもったいないと思ってしまいます。

いただいた高級なお茶のティーバッグだったら、なおさら処分しづらいです。

開封済みのティーバッグは、風味が落ちているほかに、茶葉が湿気てしまっていたり、なかにはカビが生えてしまっている可能性があります。

開封してからまだ半月とか1か月とかなら、見た目や匂いを確認すればまだいける可能性も高いですが、1年前に開けたとかってなるとやっぱり避けましょう。

どんなに高級なお茶のティーバッグでも、お気に入りのフレーバーでも、私なら捨てます。

もったいないですけどね。

それを飲んでお腹を下すなどカラダを壊してしまっては、元も子もないです。


スポンサーリンク

未開封ならティーバッグの賞味期限が切れてても平気?

では、発見されたティーバッグが未開封だったらどうでしょうか。

賞味期限はその食品をおいしく食べることができる期限のことですが、賞味期限がきれていたからといって、まったく飲めないわけではありません。

保存状態がよく、見た目やにおい、味、色などが変わっていなければ、問題なく飲めますよ。

わたしはお茶が好きなので、わりと頻繁に飲みます。

したがって飲み切る前に賞味期限が切れてしまうことがめったにないのですが、自分ひとりで楽しみたいお茶だと誰にも気付かれないようにと戸棚の奥にしまいこんで、そのまま忘れてしまうことがたまにあります。

何年も前のものだったらさすがに未開封であっても飲むのはやめたほうがいいと、わたし個人は思います。

そもそも、それだけ前のものだと味も見た目も変わって、風味も落ちている可能性が高いからです。

ただし、これは私の勝手な思い込みというかポリシーというか・・・です^^;

お茶や紅茶って賞味期限があってないようなものなんですよね。

保管状態がよければ、3年前のものでもかなりの確率で大丈夫です。

湿気が少なく、風通しのいい場所で、直射日光から守られているような場所にあったのなら、とりあえず開けてみましょう!

開封して、見た目やにおい、味、色などが変わっていないか確かめてみてください。

私のように賞味期限を何年も過ぎたティーバッグは飲むのが怖い! というのであれば、お掃除や消臭に使ってから処分してもいいでしょう。

台所まわりの掃除に使ったり、魚や肉の臭みをと取ることに使うことができます。

お茶を冷凍したら賞味期限は延びる?

お茶は変質しやすいデリケートな食品です。

高温多湿なところや、空気にふれると味や風味が落ちます。

また、ほかのもののニオイが移りやすいという特徴もあります。

開封したあとは、密封された容器にしまって、涼しくて暗い所に常温保存することが望ましいです。

未開封であれば、お茶の保存に冷凍庫は最適です。

未開封のお茶は冷凍によって品質が保持されますので、賞味期限が過ぎてもおいしくいただくことができるでしょう。

半年や一年は余裕で大丈夫です。

ただし、お茶を解凍するときは、常温に戻してから開封しましょう。

そのまま開封すると、外との温度差で水滴ができ、お茶がそれを吸収して風味が落ちてしまうからです。

また、レンジでチンしてはいけません。

熱が加わるので、お茶が傷みます。

お茶の保存に冷凍はオッケーですが、解凍して飲む時に注意が必要です。

開封後のお茶は、再び冷凍保存はせず、常温で保存してください。

冷凍庫の他の食品のニオイを吸収してしまったり、味や風味が落ちてしまうからです。


スポンサーリンク

お茶ティーバッグって賞味期限切れても大丈夫?未開封なら?冷凍したら?-さいごに

お茶はデリケートな食品で、高温多湿なところや、ニオイの強いところに置くとすぐに傷み、おいしさが損なわれます。

しかし、保存状態がよければ賞味期限が過ぎていても、おいしく飲むことができます。

味や見た目、色やニオイを確かめてから飲みましょう。

もし、湿気ていたり、変色していたり、いつもと違う味、ニオイがするようなら、もったいなくても処分しましょう。

処分する前に、お掃除や消臭剤に使うこともできますよ。

おいしいお茶は、ココロを和ませます。

戸棚の奥から出てきたお茶ティーバッグも、最後までおいしく飲めたらいいですよね。