頭金なしで住宅ローンは無謀?リスクやデメリットをまとめてみた

頭金なしで住宅ローンは無謀?リスクやデメリットをまとめてみた

結婚もして貯金も貯まってきたし、そろそろ家を買おうかと夫婦で話してる今日このごろ。

マイホーム購入となるとまず頭に浮かぶのは住宅ローンですよね。

頭金をどうするのかも気になるところです。

頭金なしでも住宅ローンを組めますよと、全額ローンを勧められることもありますが、本当に頭金なしでも大丈夫なのでしょうか?

頭金なしで買うのは無謀だとか、リスクが大きいとか言われることもあるんだけど、その辺はどうなんでしょう?


スポンサーリンク
  

頭金なしで住宅ローンは無謀?

ふらっと入ったオープンハウスで、不動産屋さんに購入を勧められた経験はありませんか?

私も軽い気持ちでオープンハウスを覗いてみたことがありますが、不動産屋さんが懸命になって購入を勧めてきて困ってしまったことがあります。

そして貯金が少ないので頭金を用意できませんからと断っても、頭金なしでもローンが組めますよ!と言われたこともあります。

頭金なしでも大丈夫なんて軽く言うけれども、住宅ローンを組む時にはみんな頭金を用意するって聞くし、頭金なしなんて無謀なんじゃないの?と思いますよね。

実際頭金がないと融資を受けられなかった時代もあったのですが、実は現在頭金なしの全額ローンも可能なのです。

でも良く考えると数千万もの大金を借金するわけです。

本当に頭金なしでローンを組んでも大丈夫なのでしょうか?



まずはその前に質問です。

現在貯金はありますか?

今貯金ができていない状況だとしたら、今後長期間の返済が本当に出来るのでしょうか。

忘れないで頂きたいのが、マイホームを持つとローンの返済とは別に、固定資産税を毎年支払わなくてはなりません。

さらにマンションの場合ですと、管理費と修繕積立金の支払いが毎月あります。

戸建て住宅であっても、修繕費が突然必要になることがあるので、いざという時のために備えて蓄えておかないといけませんね。

現在、貯金ができていない場合は、それらの支払いと月々のローン返済金額が支払い可能かをきちんと考えてみなくてはなりません。

また、マイホームの購入時には住宅金額のほかにも税金や各種手数料の支払い、それから引っ越し代や家電や家具を購入費用も必要になってきます。

仮に現在貯金がある場合は、それらの費用にを充てることができますよね。

でも貯金がない場合は、それらの支払いをどうするかという問題も生じてきます。

もちろん、そういった費用とは別に、万一の時のことを考えての貯蓄も当然必要。

無謀な返済計画を立ててしまうと、後々後悔します。

場合によってはマイホームを手放すことになりかねません。

長期的に支払っていけるのがじっくり考えてみましょう。

住宅ローン 頭金なしで組むリスク!

頭金なしで購入するメリットといえば、気に入った物件が見つかったら貯金がなくてもすぐに購入できるということですよね。

現在住宅ローンは低金利だから、借りるなら今と言われたりしますが、頭金なしの住宅ローンにはリスクがあるもなのでしょうか?

はい。ズバリ、リスクは潜んでいると言えます。

ただし、「リスクがあるから頭金なしで住宅ローンを組むな!」というわけではありません。

リスクやデメリットを認識したうえで、それでもメリットの方が大きいから頭金なしにするというのであれば、それでいいと思います。

実際、私の知り合いにも頭金なしで住宅ローンを借りて、すでに完済した人もいますしね。


スポンサーリンク

話がそれました。

頭金なしの一番大きなリスクは、借入額が増えるということは借入期間も長期化するため、返済し続けることが出来なくなってしまうというリスクです。

この先何十年と本当にその金額を返済し続けることが出来るのが、今一度真剣に考えてみてくださいね。

完済する時に、あなたは何歳ですか?

そのときの収入はいくらになってる予定ですか?

住宅ローンの返済って、そのほとんどが利息支払い分だとも言われます。

頭金があれば頭金の分だけローンの返済金額が少なくなりますから、結果的に無駄な利息の支払いも少なくなります。

すると月々の支払いも随分と楽になり、全体的な負担額が減ってきます。

頭金なしの住宅ローンは最初の負担が少ないため気楽なイメージがあるけれど、頭金がある場合に比べてはるかに返済額が増額していますから良く確認してくださいね。

頭金なし住宅ローンのデメリットのまとめ

ローンは数十年と続きますから、長く家計の負担になります。

将来の計画をしっかりと立て、理想ばかりではなく現実の厳しさを考えるきっかけになるかもしれません。

子どもが小さい場合、これから教育費や食費も増えていきますし、部活動に掛かる交通費などの出費も新たに出てきます。

不動産屋さんの言葉に惑わされずに、最長35年も払い続けることが本当に出来るのか、今一度冷静に考えてみることが重要ですね。

定年退職する年齢以上にローンを組む場合は、将来的に本当に払い続けることができるのか、場合によっては計画的に繰り上げ返済をしていくことを考えていかなくてはなりません。

また、現在の収入源が夫からのみの場合は、いつかは妻も本格的に働きに出ることも考慮していかなくてはならないかもしれませんね。

住宅ローンはいわば、多額の借金を背負うわけですから精神的な負担も大きいです。

軽はずみに考えずに現実的な返済可能額を見極めましょう。

収入に見合わない返済計画を立てると失敗のもとです。

ただこれは、頭金ありでマイホーム購入する場合も同じですね。

頭金ありで2000万のローンを組むのと、頭金なしで1500万のローンを組むのであれば、頭金なしの方がリスクが低いわけです。



最後にですが、頭金の有無でローンの利息が変わる場合があります。

フラット35の場合は融資率90%以下と融資率90%超では利息が異なってきます。

そして金融機関によっては、頭金がないことで住宅ローンの審査が厳しくなることもあり、そもそも借りられない可能性もありますからご注意くださいね。



ちなみに先ほど登場した私の知り合いは、万一の時のために自由に使えるお金を多く手元に置いておきたかったことから、頭金なしを選択したんだそうです。

そのかわり、物件にかける予算を減らしました。

といっても、本人たちが妥協できる範囲で立地面を譲歩した程度で、快速が停まる駅を各停しか停まらなくてもOKにしたりといった程度。

そして住宅ローン減税をフルに活用しつつ、繰り上げ返済も行いつつ返済していったんだとか。

最初からファイナンシャルプランナーに相談して、一番いい返済方法を考えてもらったそうです。

まさに最初からしっかりと計画的に行動してますね!


スポンサーリンク

頭金なしで住宅ローンは無謀?リスクやデメリットをまとめてみた-さいごに

マイホームは一生に何度もない大きな買い物です。

住宅ローンを組むときに頭金をどうするかは、後々にまで影響してくる問題です。

人生を狂わせないように良く考えてから住宅ローンを組み、購入することをおすすめします^^