眼鏡フレームが折れた…修理をメガネ屋に頼む前の自分で応急処置の方法!

眼鏡フレームが折れた…修理をメガネ屋に頼む前の自分で応急処置の方法!

『バキッ!!』

鈍い音が聞こえメガネに手をやるとフレームが・・・(*´Д`)!!

いつ壊れるかわからないメガネのフレーム故障。

壊れてすぐにメガネ屋に修理に出しに行きたい、でもすぐに行けるような所にはないですよね。

セロハンテープでとりあえずとめておいてる人を、たまに見かけますが・・・。

でも、できればセロハンテープは最終手段にしたいですよね(;^ω^)

ということで、メガネのフレーム故障の応急処置方法をご紹介します。


スポンサーリンク
  

眼鏡のフレームが折れた!修理に行く暇がない…

「メガネのフレームが折れてしまった!でもすぐに修理に出しに行けない!」

いざ壊れてしまっても、すぐに修理には出しに行けないって事多いと思います。

家でうっかり踏んでしまった、ちょっとメガネを外したスキに子供にオモチャにされてしまっていた。

あとスポーツなどしている人だと、その最中に壊れてしまったりなどありますよね。

“メガネは1つじゃなくて何個か持っている”なんて場合だと、「すぐに修理に出さなきゃっ!」なんて焦る事はないかもしれないですが・・・。

私が昔メガネを使ってた時は(レーシックしました♪)、買い替えた時に前の眼鏡を予備としてキープしてました。

でも微妙に度数が違ったり、かけた感じに違和感を感じてしまったりで、あくまでも緊急時用って感じなんですよね。

それに、数個使っている場合でも壊れたところが出先などだと、さすがに今持っているのはかけているメガネしかない(笑)

『修理には出しに行けない。でもどうにか今使えるようにしたい。』

そうなるとやはり自分でどうにかするしかないんです。

そうです!とりあえず自分で応急処置です(^^)/

メガネのフレームが折れた時の応急処置

フレームが歪んだり、曲がったりといった程度だとその場ですぐに自分で直すことも可能ですが、折れてしまったとなると自分で完全に直すことは難しいですよね。

しかし、応急処置であればなんとかできる方法があります。

では、実際メガネのフレームが折れてしまったとき、その場でできる応急処置の方法はどのようなものがあるのでしょうか。

すぐに頭にうかぶのは、テープや接着剤などを使用して、くっつける方法ではないでしょうか。

実際のところ、応急処置としてはそれくらいしかありませんよね(;^ω^)

まず、接着剤での応急処置方法ですが、フレームの材質によって接着剤でくっつく、くっつかないがあります。

くっつくものであれば接着剤での応急処置はできそうですよね。

プラスチックだと、簡単に接着剤でくっつきます。

ですが接着剤での応急処置は、できれば避けた方がいいんですよ!

スポンサーリンク

なぜなら接着剤の跡が残って目立ってしまったり、レンズやフレームに傷をつけてしまったりと、これらは修理に出したときに修理の手間になったりするから。

それに修理した後に接着剤が残ってしまうと、ちょっと見た目がね・・・(^-^;

そう考えるとやはりテープでの応急処置が1番になるんですが、テープはかなり見た目が悪くなりますよね。

それに、テープだととめにくいところもありますしね。

やはり、見た目の事を考えるとテープよりも接着剤での応急処置の方がマシといったところでしょうか。

しかし、後で修理に出すことを考えると接着剤よりはテープのほうがいいかもしれません。

メガネのフレーム修理、自分で完全にできる?

メガネのフレーム修理は場合によっては自分で直せることもあります。

やはり折れてしまったということになると自分で完全に直すことは難しいですが、いくつかの場合、自分で修理することもできます。

まずは、メガネのヒンジ(小さなネジの部分)が緩んでしまった場合は、それを小さなメガネネジ用のドライバーで締めなおすことでなおります。

メガネ用のドライバーはホームセンターなどで簡単に手に入るので、1本持ってても悪くないですよ。

私は常備してて、ネジをしょっちゅう締め直してました(笑)

しかし、折れたフレームを自分で完全に直すことは無理でしょう。

溶接ができマス!って人ならできるかもしませんが、おそらく少数派でしょうし^^;

また、自分でなんとかできると思って色々とやってみてるうちに、逆に取り返しのつかないメガネの状態になってしまったら大変です。

そうなるとメガネ屋さんでも修理できなくなってしまうのでくれぐれも、無理に自分で直そうとはしないでくださいね。


スポンサーリンク

眼鏡フレームが折れた…修理をメガネ屋に頼む前の自分で応急処置の方法!-さいごに

メガネは高価でなかなかすぐに買うことはしたくないものですよね。

だから、自分で直せるものは直したいと思ってしまいますが、それが返って大きな出費につながるかもしれません。

色々考えるとメガネが壊れてしまったときの1番の方法はいざという時のために、スペアを持つことかもしれません。

わざわざ買う必要はないので、私みたいに古いメガネを1つ取っておくだけでも十分です。

代わりのメガネがないという場合は、とりあえず応急処置をしてなるべく早くメガネ屋さんに行きましょう!

よほど派手に壊してない限り、修理にそんなに時間がかかりませんよ^^