義実家との付き合い方がうまくいかない…うまくやる秘密教えます!

義実家との付き合い方がうまくいかない…うまくやる秘密教えます!

結婚をすると義実家との付き合い方がうまくいかない。

義両親となかなかうまい関係が築けないって悩んでしまうこと多いですよね。

数年経っても、子供が生まれても、義実家との関係ってなかなかうまくいかないものです。

義母や義父に苦手意識がある人にも、どうやったらうまい付き合い方ができるのかコツをご紹介します。


スポンサーリンク
  

義実家との付き合い方に悩む…

義実家が嫌いで、出来るなら行きたくないと思っている女性は多い事でしょう。

義実家に行きたくないことをきっかけに夫婦げんかが始まり、離婚する人もゼロではありません。

離婚するほどではないけど、それなりにガマンしてるっていう嫁はあちこちにいます。

夫の気持ちとしては、自分の家族を否定されているように感じてしまうんでしょうけど、嫁には嫁の言い分があるわけで。

そうはいっても義両親と絶縁する!とまではいかないのであれば、苦手でも何とかしていかないといけません。

ちなみに、義実家との付き合い方に悩まされる人は、このような悩みがあることが多いんです。

あなたにも当てはまりませんか?



嫌いではないけど馴染めない

普通にしゃべるんだけど、どことなく一線をひかれているような気がする…とお互いに感じるのでしょう。

でもこれって、ある意味で仕方ないと思うんですよね。

だって今まで他人同士だった関係で、たまたま好きになった人の親だったっていうだけの理由でいきなり家族の一員になったんです。

気が合えば問題ないけど、そうでなければ皆で仲良くというのには無理があるのでしょう。

上手くやろうと気を使っていくうちに、どんどん気疲れしてしまうのです。



嫁いびりをする

これもまたドラマのようですが、現実にもゼロではない話です。

というよりも、よくある話ですよね。

あれが違うこれがダメ、と小言のように言う姑は本当に厄介です。

姑に合わせなければいけず、自由な生活を送ることができなくてストレスになってしまうのも珍しい話ではありません^^;



同居は嫌

今まで別々に暮らしてきて、生活のリズムも違ってきた中でいきなり同居をするのはかなストレスに感じるもの。

たまに会うのはいいけど、ずっと一緒にいると気が休まらないって当たり前ですよね。

でも同居を強く迫ってこられたりしているうちに、だんだん義両親に対する苦手意識が出てきても仕方ない気がします。


スポンサーリンク

義実家とうまくいない人の特徴

義実家とうまくいかない人の特徴のほとんどが、お姑さんが嫌いなのではないでしょうか。

嫌いとはいかなくても、好きではない、出来ればあまり関わりたくないと思っている人が多いと思います。



姑の子離れができていない

息子が可愛くて子離れできていない人は、嫁のことを敵視します。

「嫁失格」なんて平気で言われます。

息子が可愛いのは分かりますが、敵視されると義実家に行きたくはなくなりますよね。



夫越しに文句を言う

直接嫁には何も言わないけど、ご主人に嫁の愚痴を吐き出す人っていますよね。

また、旦那に姉妹がいる場合は自分の娘(あなたの義姉妹)に嫁(あなた)の文句を言ったり…

直接言われるのは凹むけど、聞こえるように間接的に文句を言われるのもかなりダメージが大きいです。



育児についてチクチク言われる

産後から関係が変わることもあります。

育児方針の違いから、お互いにストレスになり、うっぷんがたまっていきます。

特に初めての育児の場合は、嫁としても知らないことだらけなので、いろいろと言われるとストレスにも不安にもなってしまいます。

「おしゃぶりを使わないの?」離乳食の場合は「味のついていないものを食べても美味しくないよね~」なんて、赤ちゃんに向かって間接的に嫁の悪口を言ったり…

アドバイスをくれるのは嬉しいけど、愚痴るのはやめてほしいですよね。

義実家と上手くやる方法

時代が変わっても、義実家との関係の悩みは消えないものです。

歳も違えば育った環境も違うので、価値観が合わないのは当然なのです。

でも、価値観の違いからストレスを溜めてしまうこともありますよね。

義両親とうまくやっていけなくても、愛する旦那さんを産み、育ててくれたご両親なので、これから先も上手に付き合っていきたいですよね。

それが例え表面上だったとしても・・・。



笑顔でいること

良い嫁として見てもらうには、最低限のマナーでもある「あいさつ」はしっかりと行いましょう。

「おはようございます」「ありがとうございます」など当たり前のことをしっかりと言えるようになれるのは大切ですよ。

嫁いびりする姑に笑顔は無理!って思う場合は、「相手と同じ土俵に立たない」と思ってみてはどうでしょう?



気に入られようと無理をしないこと

無理して気に入られようとするのは長くは続かないもの。

気に入られようと頑張っている状態が、義両親からすると普通なんだと思われてしまいます。

それが当たり前になってしまうと、少し気を抜くと「態度が悪くなった」ように思われ、これまでの対応より悪化してしまうのです。

嫌われないようにしなきゃと思いながら接していると、どんどん気持ちも疲れてきますよね。

なので、自然体に切り替えましょう。

最初はやっぱり「態度が悪くなった」「機嫌が悪そう」と思われるかもしれないけど、これが素の自分なんです!と開き直ってください。

礼儀やマナーは守りつつ、自然体で接していくと疲れがたまりにくくなりますよ。


スポンサーリンク

義実家との付き合い方がうまくいかない…うまくやる秘密教えます!-さいごに

年に数回しか会わない義両親でも、会うとなるとすごく気を使うもの。

愚痴を言いたくでも、旦那には絶対に言えません。

そして、ストレスを溜めると義実家との関係がどんどん悪化していくことでしょう。

愛する夫と最悪な結果にならないようにも、義両親とはうまくやっていきたいですね。

そして、適度に距離を保つのもいいかもしれません。

義両親と接する時には、思いやりの気持ちをもって接するようにすると、やさしい対応で接してもらえるかもしれませんよ。