赤ちゃんの夜泣きに苦情が心配…近所へ粗品を持って挨拶は効果ある?

赤ちゃんの夜泣きに苦情が心配…近所へ粗品を持って挨拶は効果ある?

赤ちゃんの夜泣きは、子育てママにとって最初にして最大の悩みの一つ。

抱っこしたりあやしたり、泣き止んで欲しいと思えば思うほど赤ちゃんの泣き声は大きくなっていくばかり。

ただでさえ寝不足で疲労困憊の日々に追い打ちをかけるように近所から「夜泣きがうるさい」と苦情が。

なんてことになると、ホント泣きたくなりますよね。

ここでは、赤ちゃんの夜泣きに対する苦情が心配なママさんに、ご近所さんとうまくやっていくための方法をご紹介します。


スポンサーリンク
  

赤ちゃんの夜泣きに苦情が来ないか心配・・・


深夜の音は大きく聞こえてしまう

特にマンションやアパートなどの集合住宅に住んでいると、マンション中に響き渡っているのではないかとの錯覚に陥るほど、夜泣きする赤ちゃんの声は大きな声に聞こえます。

昼間と違って、夜は人の話声や車の音などの騒音がないため、少しの物音でさえよく響くというのがその原因。

また、「近所の人は寝ているのに、迷惑をかけてはいけない」という心理的圧迫によっても、音が大きく聞こえてしまいます。

そういった環境が、お母さんにとってはさらにプレッシャーとなってしまうのですが・・・。



赤ちゃんの泣き声は不快に感じるもの

親の助けがなくては生きていけない赤ちゃんにとって、泣くという行為は生きていく上での一つの道具です。

大人に世話をしてもらわなければ生きていけない赤ちゃん。

赤ちゃんは大人の気を引くために、人間が不快に感じる周波数で泣くことができるようになっています。

私もそうですが、精神的な余裕がないときは、自分の子の泣き声でもイライラすることがあります。

ましてや、知らない人の赤ちゃんの声であれば、イライラするのは当たり前です。



赤ちゃんは泣くのが仕事、でもそれに甘えてはダメ

そうはいっても、赤ちゃんは泣くのが仕事ですし、周囲もある程度は「仕方ない」と思ってくれています。

ただ、それに甘えてばかりではいけません。

特に近所の人は、頻繁に夜泣きを聞くことになるので、最初は良くてもだんだんとイライラしてくるようになります。

夜泣き対策として、やるべきことはやっておかなければならないでしょう。

最低限、音を遮る位置に家具を置く、防音効果のあるカーテンに替える、などの防音対策などはすべきです。


スポンサーリンク

赤ちゃんの夜泣き、お詫びを兼ねてご近所に挨拶を!

しかし、いくら対策をしても、泣く声をゼロにすることはできませんよね。

夜泣きが原因でご近所さんとトラブルになる前に、ご近所とのコミュニケーションをとって、良好な関係を築いておきましょう!

特に、両隣や向かい(マンションなどの集合住宅の場合は上下階)には、顔を合わす機会があれば「いつもうるさくてすいません」と挨拶やお詫びをしておきましょう。

そもそも隣近所のトラブルは、お互いをよく知らないということが事の発端となることが多いんです。

誰だって、よく知らない人の家から大きな音が毎晩聞こえてくるという状況は、いい気持ちはしないですよね。

友達の子供が騒いでるんだったら「今日も元気だなー」で済んでも、普段から感じの悪い人の子供だったら「うるさいな!」ってイライラしたりしませんか?

同じことなんです。

私も経験がありますが、事前にあいさつやお詫びなどを通じて夜泣きの声を気にしている姿勢を感じれば、赤ちゃんの声がうるさくてもそこまでイライラしなくなります。

また、親として出来る限りの努力をしているというのが分かれば、さらにイライラのハードルは下がります。

人というのは不思議で、知っているというだけで心のハードルが下がり、大抵のことは許せるようになるものです。

赤ちゃんが産まれてからの近所の挨拶には粗品を持って!

欲を言えば夜泣きが始まる前、出産のタイミングで一旦ご近所に挨拶に行くのが一番効果的です。

出産だけで近所へ挨拶ってどうなんだろうと思うかもしれませんが、この時代にしっかり挨拶ができる人として、ご近所さんからも好感を持たれるでしょうし、挨拶をされて悪い気分になる人はいません。

出産したばかりで挨拶に動き回るのはちょっと、というママは、ご主人にお任せしてもいいと思います。

といっても、もう今ここに赤ちゃんがいて夜泣きに困ってるんです!っていうお母さんもいますよね。

挨拶に遅すぎるということはありません。

近所に迷惑かけちゃってるかなーと思うのであれば、明日や今週末にでも挨拶回りをしましょう。

また、この挨拶の時には、粗品を持っていくとグッドです。

とはいっても、そんな高価なものを持っていく必要はありませんよ。

引越しの挨拶などと同じで、1,000円前後のモノを持っていけばよいと思います。

品物については、なんでもいいとは思いますが、洗剤やお菓子などの日用品が無難ではないでしょうか。

もし余裕があるならば、ご近所の家族構成などの状況に合わせた粗品にすると、とても喜ばれると思います。

こうして挨拶をされ粗品ももらった人に対して、面と向かって苦情を言う人は少ないです。

とはいえ、くどくなってしまいますが文句を言われないからと言ってそれに甘えてはダメですよ!

ご近所さんの包容力に甘えつつ、出来る限りの努力はしましょう^^


スポンサーリンク

赤ちゃんの夜泣きに苦情が心配…近所へ粗品を持って挨拶は効果ある?-さいごに

ご近所からの苦情を気にしすぎて、ママが不安や苛立ちを感じてしまったら、それが子どもに伝わってしまい、子どもまで不安定な気持ちになってしまうというもの。

ママにとって一番大事なのは、子どもの健全な成長を手助けしてあげることです。

積極的な挨拶と粗品によるプレゼント攻勢で、ご近所と有効な関係を築いて、ママが精神的に安定して暮らせる状況を作り出せるといいですね。