赤ちゃんは潮干狩りいつからOK?おんぶなら?海辺でのオムツ対策は?

赤ちゃんは潮干狩りいつからOK?おんぶなら?海辺でのオムツ対策は?

子どもが少し大きくなってくると、海のレジャーにも連れて行きたくなりますよね。

例えば、潮干狩りなどは子供が大好きなレジャーです。

公園でも砂遊びに集中している子供は多いですが、海という大きな砂場で思いっきり砂を掘って、貝を取ったり砂遊びしたり。

小さな子にはいい経験になりますよね。

しかし、下の兄弟に赤ちゃんがいる場合は潮干狩りに連れてってもいいの?

そんな疑問にお答えします。


スポンサーリンク
  

赤ちゃんはいつから潮干狩りに連れていける?

赤ちゃんはいつから潮干狩りに連れてって大丈夫?

できれば、赤ちゃんのうちは避けた方がいいと思います。

早くとも、1歳を過ぎてから連れて行った方が無難です。

海辺は風で砂が舞い上がりやすいですよね?

雑菌などに対する抵抗力が未熟な赤ちゃんが、風で舞い上がった砂を吸い込んでしまうのはあまりおすすめできません。

海辺を歩かせようとしても、砂の地面は不安定ですぐに転んでしまいます。

転んで洋服が濡れてしまったら、お着替えが必要です。

また、何でも口に入れてしまう赤ちゃんは雑菌だらけの海辺の砂なども口に入れてしまいます。

落ちているごみや貝殻などを口に入れてしまう事も。

天気の良い日には直射日光で海辺の砂も熱くなったり、日焼けしたり。

曇りの日には気温が下がって、体が冷えやすいので赤ちゃんも体調も崩しやすくなってしまいます。

1歳を過ぎていても海辺はこういったトラブルがつきものなので、赤ちゃんを潮干狩りに連れていく場合は注意しましょう。

できれば上の子は夫に任せて、ママは赤ちゃんについている事をおすすめします。


スポンサーリンク

赤ちゃんをおんぶしての潮干狩りはOK?

お母さんも上の子供と潮干狩りを楽しみたいですよね。

では、赤ちゃんをおんぶしての潮干狩りはできるのでしょうか?

おんぶをしていれば、赤ちゃんが転倒することも、海辺の砂を食べてしまう事もないですよね。

しかし、海辺の砂が舞い上がって赤ちゃんの顔や口に入ってしまったり、直射日光で日焼けしてしまったり。

人間の首の後ろって、結構日焼けしやすい部分ですよね?

おんぶしたときに赤ちゃんの頭はちょうどママの首の後ろあたりにくるので、赤ちゃんはまともに直射日光を受けてしまいます。

そうすると、赤ちゃんが熱中症になる危険も!

そういった事を考えると、赤ちゃんをおんぶしての潮干狩りはおすすめできません。

赤ちゃんにも家族での潮干狩りを少しでも楽しませてあげたい、上の子供にも母と一緒に潮干狩りを楽しむ時間を作ってあげたい。

そういった気持ちはよくわかります。

しかし、海辺は赤ちゃんにとっては過酷な環境です。

赤ちゃんの体調を第一に考えましょう。

海辺は日陰になる場所が少ないので、パラソルの下に赤ちゃんを寝かせておくお母さんもいますが、パラソルは日よけ対策としては十分とは言えません。

日差しは決して真上からではなく、色々な方向から当たりますよね。

赤ちゃん対策として使いたいのであれば、私のおすすめは、アウトドア用の小型のテントを持っていく事。

たとえばこういう感じのものとか。

いろんな種類のテントが出ていますが、ワンタッチで組み立てられ、耐水加工やUVカット機能もついているものがおススメ。

テントを閉めていても、一部がメッシュ加工になっている物でしたら風も抜けるのでテント内が暑くなりにくいです。

ママも赤ちゃんとゆったり過ごせるので、楽ですよね。

天気が良い日はテントでも砂が熱くなるのは避けられないので、直接赤ちゃんをテントに寝かせないようにしましょう。

小型のテントは一つ持っておくとアウトドアに便利、家族でバーベキューなどにも使えますよ。

水分もこまめに飲ませるようにしましょうね。

赤ちゃん用のポカリスエットもあるので、用意しておくとよいですね。

赤ちゃんを海に連れて行くときのオムツ対策

とは言っても、ずっとテントでは赤ちゃんも退屈してしまいますよね。

無理のない程度であれば、海辺を少し歩かせるのも大丈夫です。

海辺を歩かせる際には、パパやママが必ずついていてあげましょう。

海辺は砂がぶよぶよしている所もあり赤ちゃんは転びやすいので、お着替えは必ず持っていきましょうね。

汚れても大丈夫な洋服で、女の子はワンピースなどが着替えやすいですね。

オムツですが、普段使っているオムツは防水ではないですよね。

海辺で汚れて水分を含むとオムツが水分で重くなって、赤ちゃんが歩きにくくなってしまいます。

水着用のオムツがドラッグストアや赤ちゃん用品店で売られているので、それを用意しましょう。

海辺を歩かせる際には裸足ですと、とがったものなどの危険なものを踏んでしまう事もあります。

必ず靴を履かせるようにしましょう。

サンダルでもいいですが、なるべく脱げにくいものがおすすめ。

アウトドアにも行く予定でしたら、川遊びにも使えるウオーターシューズを買うのも良いですね。

スニーカーのような履き心地で足の全面を守り、そのまま水の中に入れます。

滑りにくいのでおすすめですよ。


スポンサーリンク

赤ちゃんは潮干狩りいつからOK?おんぶなら?海辺でのオムツ対策は?-さいごに

いかがでしたか?

赤ちゃんには海は過酷な環境なので、赤ちゃんの体調第一にして潮干狩りを楽しんでくださいね!