ディアブロのソムリエナイフ左利き用を使ってみたらおすすめ!(レビュー)

ディアブロのソムリエナイフ左利き用を使ってみたらおすすめ!(レビュー)

左利きのみなさーん!

世の中何かと不自由じゃないですか?(笑)

いや、愚痴を言いたいんではなくてですね(;^ω^)

ディアブロの左利き用ソムリエナイフを使ってみたら、世界が広がったのでレビューを書いてみました!

左利きの方にはおすすめですよ♪


スポンサーリンク
  

左利き用のソムリエナイフやワインオープナーを買おうと思った理由

私は矯正を一切していない左利きです。

でもガチガチの左利きというわけではなくて、腕時計は左腕にするし、PCのマウスは右で使います。

電車の自動改札も自動販売機も缶切りも、さほど苦労していません。

無意識に右利き仕様に順応しているパターンですね。

あ、でもレードルは無理だー!(笑)




そんな私が左利き用のソムリエナイフを買おうと思ったわけ。

私はそこまでワイン大好きっていうわけではないんですが、たまに飲むのは好きなんです。

でもそれ以前に、ちょっと前まで知り合いのお店を週末だけ手伝ってたんです。

気軽に入れるちょっとカジュアルなフレンチのお店だったんですけど、ワインも置いてるんですよね。

となると注文が入った場合、当たり前ですが開けないといけないじゃないですか。

最初は友人が使ってる右利き用のソムリエナイフを使ってました。

でも失敗するんですよー!( ;∀;)

ぐりぐり回しながらコルクに突っ込んでいきますよね。

あれがどうしても上手に出来ないんですよね。

で、10回中8回くらいは失敗するという(;^ω^)

手伝いとはいえ、お客さんを前にして失敗するのはお店のイメージ的にもよくないですよね。




最初に考えた対策は、失敗する可能性がぐんと低くなるワインオープナーを使うこと。

自腹で買ってでもいいやと思ったんです。

こういうやつですね↓

これなら右利きも左利きも関係ないし、バッチリでしょー!って思ったんですが、友人からダメ出しが(;´Д`)

お客さんの前だからもうちょっとスマートに開けたい・・・って。

えーーーって思いながら、困ってた時に「あれ?左利きのソムリエナイフってあるんじゃない?」って思ったんですよね。

で、楽天のサイトで調べてみたら、あるじゃないですかー!!ヾ(*´∀`*)ノ

☞ 楽天市場で左利き用のソムリエナイフを探してみる。

この中から値段も考えながら、あれこれ検討した結果ディアブロのソムリエナイフを買うことに決めました。

もともと左利き用なのでレビューは少ないんですよね。

その中でもまあまあ無難なレビューばかりだったこと、お値段的にも1296円と失敗してもそこまで悔しくない金額である事(5000円超えて使えなかったらイヤですもんねー!)

この2つが決め手となってディアブロに決めたんです。

ディアブロのソムリエナイフ左利き用を注文してみた

このソムリエナイフを買ったのは去年の頭なのでもう1年半前なんですよね。

なので楽天から送られてきたときの写真とかはありません( ;∀;)

でも注文から到着までごくごく普通でしたし、梱包とかに問題があったなんてこともなかったはずです。

そんなことがあったら、確実に覚えてると思うので(;”∀”)




で、実際のソムリエナイフがこんな感じです。

注目してほしいのがスクリューの部分と、ナイフの部分!

ここが右利き用とは反対になってるんですよね。

これが肝なんです♪


それと、これは左利き用だからというわけではなく、このモデルの仕様なんでしょうが・・・。

コルクを抜くときってテコの原理を利用するじゃないですか。

ほら、ワインボトルに固定させる部分ありますよね。

ほとんどのソムリエナイフは、2か所ボトルに固定させられるようになっていると思います。

あの部分がこれはスライド式になってるんです。

こんな感じ。






ディアブロのソムリエナイフ左利き用を使ってみた感想

実際に使ってみた感想。

いい!素晴らしくいい!

以上です(笑)

私は今までうまくボトルを開けられないのは、不器用だからだと思ってたんですよね。

実際に不器用なので、あーやっぱりねって違和感なく決めつけていたというか(;^ω^)

でもこの左利き用を使い始めてから、ワインのコルクを抜くのに失敗したことはありません。

今まで左利き用の道具を使った事ってなかったんですけど、これは買い!でしたヾ(*´∀`*)ノ

さらに嬉しかったのがお値段。

左利き用の道具って、世の中に出回る数が少ないからか値段が高めに設定される事ってないですか?

ちょっと前の事なんですけど、左利き用の包丁を使ったことがあるんです。

魚を下ろすのがとてもやりやすくて、心は衝動買いに向けて一直線でした。

でも値段を聞いてびっくり!右利き用の包丁のほぼ倍!

せめて1.3倍くらいの値段にしてくれるならまだしも、倍はないわーって一気に購入意欲は消えました(笑)

その点、このソムリエナイフはお値段もそこそこで手を出しやすいです。

プロの方が使うのであれば、もっといいものの方が最適かもしれないんですがカジュアルなお店の店員さんや、個人が家で使う分にはこれで充分だと思います。

ただね、1つだけマイナスポイントがあるんですよね。

それはさっきも書いた、コルクを抜くときにボトルの縁に引っ掛ける部分。

あれがスライド式だって書きましたよね。

ボトルに引っ掛けてコルクを抜こうと上に引き上げる時に、スライドしてしまうことが結構頻繁に起きます(;”∀”)

この部分はスライド式じゃない方がありがたかったですねー。

まあでも私の中では許容範囲です。値段も値段ですしね♪

ディアブロのソムリエナイフ左利き用を使ってみた-さいごに

ワイン好きな左利きの方。

もし右利き用のソムリエナイフに苦労しているのであれば、ぜひ左利き用を使ってみてください!

ワインを開けるのってこんなに簡単だったんだ!って感動します。

ホント、心からおすすめしますよー!