ミケランジェロ展 国立西洋美術館のチケットや混雑状況、日程は?

ミケランジェロ展 国立西洋美術館のチケットや混雑状況、日程は?

「ミケランジェロと理想の身体」展が国立西洋美術館で開かれます。

ミケランジェロと言えば、ルネサンスを代表する多才な芸術家。

そんな巨匠の日本初公開の大理石彫刻は見逃せませんね!

こちらではチケットや日程はもちろん、気になる混雑状況の情報、回避方法を更新してお伝えします。


スポンサーリンク
  

「ミケランジェロと理想の身体」@国立西洋美術館の日程、見どころは?

ミケランジェロと理想の身体展が国立西洋美術館にやってきます。

日程がこちら。

ミケランジェロと理想の身体展

会期:  2018年6月19日(火)~9月24日(月)
場所:  国立西洋美術館(上野公園内)
時間:  9:30~17:30(金、土曜日は21:00まで) 入館は閉館の30分前まで
休館日:  月曜日と7月17日(火) (ただし7/16、8/13、9/17、24の月曜は開館)
最寄り駅:  上野駅


イタリアのルネサンス時代の巨匠とされるミケランジェロ。

何をやらせても素晴らしい作品を生み出す万能芸術家であり、当時から「神に愛されている!」とも言われていました。

建築家であり、画家であり、詩人でもある彫刻家。

そう、多分野で才能あふれるミケランジェロなのですが、彫刻を本業としています。

彫刻が本業とは言え、ミケランジェロの大理石彫刻は世界に40点ほどしかないんですよ。

びっくりですよね。

そしてそんな貴重な40点のうちのひとつである傑作が、今回イタリアからやってくるんです!

今回、日本初公開となる「ダビデ‐アポロ像」

何と言ってもこれが一番の見どころですね。

実はこの作品、完成しているのか、まだ製作途中なのかもわかっていません。

モチーフは“ダビデ”なのか“アポロ”なのか未だ論争尽きません。

そんな謎に包まれた作品なのですが、そのしなやかな曲線を描いた彫刻像の姿の美しさには変わりありません。

特に「ミケランジェロと言えば!」の筋肉隆々とした肉体美ももちろん顕在です。

その美しさに酔いしれながら、ダビデなのか、アポロなのか自分なりの解釈で見てみると面白いかもしれませんね。

他にも、偉大なミケランジェロの傑作に影響を与えた古代ギリシャ・ローマ作品や、逆にミケランジェロの作品からインスピレーションを得たルネサンス作品も合わせて50点ほどが集まります。

そんな作品たちを通して肉体美、そして今回の展覧会のテーマ“理想の身体”に迫りましょう(^▽^)/

ミケランジェロ@国立西洋美術館のチケットは?前売券は?

当日券チケットの料金はこちらです。

一般1,600円、 大学生1,200円、 高校生800円、中学生以下無料

もちろん前売券もありますよ。

一般1,400円、 大学生1,000円、 高校生600円

当日券より200円ずつお得になっていますね。

前売券は3月21(水・祝)から6月18日(月)と、会期前日まで購入できます。

行く予定をしている方は、お得に前売券を手に入れてしまいましょう。

当日券も前売券も、展覧会公式サイトか主なプレイガイドで購入できますよ。

混み合ってくるとチケット購入に並ぶ可能性も出てきますので、チケットは必ず手に入れておくことをおススメします^^


スポンサーリンク

ミケランジェロ@国立西洋美術館の混雑状況&回避方法は?

まだ会期が始まっていないので、どれだけ混み合うかまだ何とも言えないのですが・・・

2013年にも国立西洋美術館で「システィーナ礼拝堂500年祭記念のミケランジェロ展」が開かれていたのですが、こちらが参考になるんじゃないかなぁと思います。

この時は日程、時間帯によっては、チケット購入、入館待ちには行列ができていて、中も混雑で窮屈になることがありました。

結果、来場者20万人越えでしたしね。

さすがに入館待ちに1.時間も並ぶほどの混雑になることはないのではないかと予想していますが、ゆったり鑑賞するには日程や時間帯に気を付けたほうがいいかもしれません。

会期中にテレビなどのメディアに取り上げらると、一気に認知度があがり混雑する可能性もありますしね。

ですので、行きたいんだけど、いつ行こう・・・と考えている方は、できるだけ会期が始まってすぐに訪れることをオススメします。

そして、もちろん週末より平日。

これは鉄板中の鉄板ですね。

平日とは言え、夏休み期間の平日は避けれるなら避けた方が無難。

なので、会期が始まった6.月から7月前半が一番のおすすめの時期です。

夏休みが終わった会期の最後の方も駆け込みで来館される方が増える可能性が高いです。

訪れる時間帯については、夜9時まで開館している金曜日の6時以降が良いですよ。

金曜日よりは混み合うかもしれませんが、同じく土曜日の6時以降も。

閉館が5時半なので、鑑賞時間は短くなってしまいますが、また月から木の夕方4時以降も落ち着て見られるかと思います。

午前中からお昼過ぎが基本的にピークの時間帯であることが多いので、その時間帯をできるだけ避けられた方が良いですよ!


スポンサーリンク

ミケランジェロ@国立西洋美術館のチケットや混雑状況、日程は?-まとめ

様々な分野で優れた才覚を発揮した天才、ミケランジェロの傑作のひとつ「ダビデ‐アポロ」像が見られる「ミケランジェロと理想の身体」展。

日本で初公開となるミケランジェロの作品、一目見たいものです!

ぜひ、ゆったり見られる日程や時間を狙って行ってみてくださいね。