プーシキン美術館展開催の東京都美術館のチケットや混雑状況、日程は?

プーシキン美術館展開催の東京都美術館のチケットや混雑状況、日程は?

モスクワのプーシキン美術館はフランス絵画のコレクションで有名です。

2013年に愛知、横浜、神戸と巡回したプーシキン美術館展では、行列ができたこともあるほどなんです。

今回の「旅するフランス風景画」がテーマのプーシキン展も、どの程度の混雑になるのか気になりますね。

コチラでは混雑状況や回避方法を含め、日程、見どころ、チケット情報をお届けします!


スポンサーリンク
  

プーシキン美術館展が開催される東京都美術館の日程、見どころは?

プーシキン美術館展‐旅するフランス風景画

会期:  2018年4月14日(土)~7月8日(日)
場所:  東京都美術館 企画棟 企画展示室
時間:  9:30~17:30(金曜は20:00まで、入館は閉館30分前まで)
休館日:  月曜日(ただし4月30日(月)は開館)
最寄り駅:  上野駅

※東京都美術館のあとは大阪の国立国際美術館(2018年7月21日~10月14日)へ巡回します。


プーシキン美術館とは、ロシアのモスクワにある世界第2位の所蔵品数を誇る美術館!

特にフランス絵画を中心とする印象派やポスト印象派のコレクションの充実さで有名です。

今回は、そんなプーシキン美術館から17世紀~20世紀のフランス近代風景画65点がやってきます。

モネ、ルノワール、セザンヌ、ゴーガン、ルソーなどなど、絵画にあまり興味がない人でも名前くらいは知ってる巨匠たちの作品ばかり。

そんな作品たちを第一部、第二部に分けて見ることができるんです♪



第一部は、“風景画”というものがどういう風に発展していったのかをテーマに。

17世紀より前は絵画における風景は、神話や聖書を描くための一部、引き立て役でした。

17世紀に入り、風景そのものが中心となる絵“風景画”として注目されることになります。

旅先の風景から、身近な風景まで様々な“風景”を描くことに画家たちが興味を持ったんですね。

第二部は、“印象派以後の風景画”がテーマです。

19世紀後半から見違えるほど変わったパリを中心とした近代風景が、フランス画家たちの心をとらえたようです。

そのうち画家たちはパリからパリ郊外へ、次に南フランス、そして海外にまで足を延ばして風景を描くようになりました。

見ているだけで、私たちも時代や場所を超えて旅をしているような気分になれそうですよね^^



大作ばかりで見逃せないものばかりなのですが、特に展覧会のポスターにも載っている、26歳のモネが描いた傑作「草上の昼食」は初来日!

この作品はマネが書いた「草上の昼食」に対抗した作品として言われています。

モネのマネへの意識も頭に置きながら鑑賞すると、また面白いかもしれませんね!

また、絵画について詳しく知るには、音声ガイドは欠かせないですよね。

今回の展覧会の音声ガイドは俳優の水谷豊さんが務めています。

落ち着いた知性的な声は、美術館の音声にぴったりな気がしますね。

一般的な美術館の音声ガイドのようなモノトーンなナレーションと違って、もっと楽しめそうです。

東京都美術館「プーシキン美術館展」のチケットは?前売券は?

プーシキン展のチケットは、当日券で一般 1600円、大学生1300円、高校生800円、65歳以上 1000円、中学生以下無料

前売券ももちろんありますよ。

前売券になると、一般 1400円、 大学生 1100円、高校生 600円、65歳以上 800円ということで、当日券より200円ずつお得ですね。

前売りチケットの販売期間は2/10(土)~4/13(金)で、会期が始まる直前まで購入できますよ。

主なチケットの取り扱い場所は、東京都美術館ミュージアムショップ、展覧会公式サイト、主要なコンビニやプレイガイドとなります。

ちなみに通常の前売券に加えて、いろんな特別前売券が発売されます。

まずは、「公式ブックレットセット券」 1,800円

展示される主な作品の解説がされた非売品ブックレット(プチ図録のようなものですね)が、チケット受け取りの際にもらえます!

主要な展示作品を予習することができるので、展覧館前からワクワクしますし、実際に本物を目にした時にはさらに感慨深く思えそうですね。

40ページのフルカラーで見ごたえがあってとてもオススメなのですが、A5サイズと小さいのが個人的にはちょっと残念。

小さいので、逆に持ち運びはしやすいですけどね(^-^;

販売期間は1/13(土)~4/13(金)で、セブンネットショッピング、東京都美術館ミュージアムショップでの数量限定の販売です。

次に、「風景画の旅 特別セット券」 3,800円

前売券と公式図録、音声ガイドがセットの券です。

展覧会をじっくり楽しめるセットですね。

別々に購入するよりお得なので、音声ガイドと図録は絶対でしょ!と考えていた方には嬉しいですね。

販売期間は1/13(土)~4/13(金)と「公式ブックレットセット」一緒ですが、購入場所は、ローソンチケット(Lコード:33600)ですので、お間違えなく!

「モネ『草上の昼食』パスケースセット券」 1,800円

モネの『草上の昼食』がデザインされたパスケース。

旅行カバンにつけるタグとしても使えます。

こちらも販売期間は1/13(土)~4/13(金)ですが、購入場所はセブンチケット(セブンコード:060-817)で数量限定です。


スポンサーリンク

さらにこんなのもあります。

「タイアップセット券 プーシキン美術館×上野のれん会」

美術館がある上野周辺の飲食店14店の食事券がついた券です。

美術館の近くで食事もと考えてる方にぴったりかもしれません。

販売場所はセブンチケット(セブンコード:061-596)で、販売期間は2/10(土)~7/8(日)と会期中でも手に入ります。

また食事券は、美術館に行った当日でなくても、会期の終わった後も8月31日(木)まで使えますよー。

「ピアノコンサート セット券」 3,200円

ピアニスト三浦友里枝さんによるフランスやロシアに関係のある展覧会に合わせた曲のコンサートがセットになっています。

コンサートの日程は5月18日(金)18:30~19:30、5月19日(土)11:30~12:30/14:00~15:00

ローソンチケット(Lコード:33600)で購入でき、数量限定で発売中です。

「プレミアムナイト鑑賞券‐シャンパーニュとめぐる風景画の旅‐」 4,800円

学芸員による作品のミニレクチャーを聞いて展覧会を鑑賞したあと、ヴーヴ・クリコのシャンパンを館内レストランで軽食とともに楽しめます。

日程は5月12日(土)18:00~20:30もしくは 5月26日(土)18:00~20:30。

閉館時間後に行われ各回150名の限定なので、ゆったりとした気分で優雅な時間を過ごせそうですね。

こちらはチケットぴあ(Pコード:763-277)で発売中ですが、定員に達し次第終了ですので気になる方はお早めに。

「上坂すみれ トークイベントセット券」 3,800円

ロシア愛好家の声優の上坂すみれさんのトークイベントがセットになった券。

日程は5月6日(日)14:00~15:00もしくは16:00~17:00です。

2/10(土)10:00~ 3/4(日)が販売期間でチケットぴあで購入できるのですが、抽選販売となります。

3/14(水)18:00頃~ チケットぴあ「マイページ」内で当選の結果が発表されるそうです。



さまざまな特別前売券が発売されているんですが、チケットによって購入できる場所が違うのがちょっと面倒ですよね(。-`ω-)

気になるものがある方は、発売期間や販売場所を間違えないようにして、お目当てのチケットを手に入れてくださいね。

東京都美術館 「プーシキン美術館展」の混雑状況&回避方法は?

まだ会期が始まっていないので、混雑状況がどうなるかはわかりせん・・・

ただ、2013年のプーシキン美術館展の巡回展覧では、愛知県美術館などではかなりの行列ができたようです。

その時とはテーマが違うので、見られる絵画も違いますが、人気が出そうな気配がしますね。

入館待ちの列ができることも想定して、今考えられる混雑回避方法を書いておきますね。



まずは日程選びが何よりも重要!

平日より休祝日の方がもちろん混みます(”ω”)ノ

ゴールデンウィークを挟む会期なので、その期間はさらに混みますねー。

ゴールデンウィーク最終日にトークショーも開かれるようなので、トークショーに参加する方でないのであれば、この日は避けた方が無難でしょうね・・・

どうしても休祝日にしか行けないっていう方以外は、平日に行きましょう。

また、展覧会は会期後半の方がクチコミが広がったりする影響で混み合う傾向があります。

会期前半はまだ展覧会に注目している人が少ないので、会期が始まると同時に行ってしまうのがオススメですよ。

それに日程が合うのであれば、裏技的に上記のプレミアムナイト鑑賞券を購入してしまうのもありだと思います。

閉館後にゆったり鑑賞できるとはいえ、お酒が飲めない、シャンパンには興味がない方には、向きませんが・・・(;^ω^)



もちろん日程だけでなくて、時間帯も重要です。

一般的に、午前中からお昼過ぎにかけてがピークです。

16時くらいになると落ち着いてきます。

夜間8時まで開いている金曜の17時以降もオススメですよ。

特に今回は若い世代よりは40代、50代や高齢世代が中心となると思うので、この傾向は顕著になると思いますよー。

高齢者は朝早く来て、お昼過ぎには帰りますからね^^

もしも午前中にしか行けない場合は、開館前に並んでしまうのもアリです。

中に入ってしまえば最前列ですし、日差しの強い日中に外で並びたくないですもんね。



また、混雑回避のためにチケットは美術館窓口での購入は避けましょう。

人気の展覧会はチケット購入に並びます。

事前にコンビニで購入しておいても良いですし、その日美術館に向かう途中で購入するもよし。

チケット購入に並ぶ時間が省けます。

前売券を持っているならさらに良しですね。


スポンサーリンク

プーシキン美術館展@東京都美術館のチケットや混雑状況、日程は?-まとめ

日本でも人気の高い画家の作品がズラリと並びます。

時間の融通が利く方は前売券をお得に購入して、会期始まると同時にゆったり鑑賞してしまいましょう♪