北海道マラソンのエントリー方法と料金や参加資格!先着順ですよ!

北海道マラソンのエントリー方法と料金や参加資格!先着順?抽選?

日本では多くのマラソン大会が夏以外に行われます。

まあ、あの暑さの中マラソンやったら・・・ねぇ(;^ω^)

そんな中、真夏の中開催される数少ないマラソン大会の1つが、北海道マラソンです。

大きなマラソン大会のエントリーと言えば、申し込み多数の場合は抽選制のところが多いですよね。

ところが北海道マラソンは先着順!(一部例外あります)

なので走りたい!っていう人は、事前に参加資格やエントリー方法、料金の確認をしてエントリー開始に備えましょう。

詳しくご紹介しますね♪


スポンサーリンク
  

北海道マラソンのエントリー方法

8月に開催される北海道マラソンのエントリー開始時期は、通常4月上旬です。

北海道マラソンの種目はフルマラソン(42.195km)とファンラン(11.5km)の2種類。

ここではフルマラソンを主にご紹介していきますね。

フルマラソンの定員は17,000人ですが、エントリー方法別に定員が設けられています。

インターネット申し込み-16,300人
郵送申し込み-400人
宿泊付き先行予約-250人
チャリティーエントリー-50人


エントリー開始が早い順に並べると、

宿泊付き先行予約(例年3/10~3/15頃)

チャリティエントリー(参加費+チャリティ代5万円以上の寄付)
インターネット申し込み
郵送申し込み
※この3つは、1日、2日程度の違いで募集開始です


となります。


まずはインターネット申し込み。

2018年の発表はまだですが、2016年は4月3日(日)18:00、2017年は4月2日(日)18:00にエントリー開始でした。

2018年は4月1日(日)もしくは8日(日)が有力じゃないでしょうか。

決まり次第、こちらでもお知らせしますね!

インターネット申し込みは、公式サイトからの応募が可能となりますが、RUNNETへの会員登録が必要です。

RUNNET経由のエントリー方法は、多くのマラソン大会が採用してるのですでに会員になってる人もおおいと思います。

まだ登録してないっていう人は、会員登録が必要になるってことを覚えておいてくださいね。


そしてチャリティーエントリー

こちらも、公式サイトからのエントリーとなります。

通常のエントリーとは別になるので、間違えないようにしてくださいね!


さらに、郵送申し込み。

こちらは期間内に郵送で申し込む形です。

2017年の場合は、4/3(月)~4/17(月)の約2週間。

専用の申し込み用紙が必要なので、インフォメーションセンターに請求して送ってもらってください!

結果は、5月上旬に郵送で送られてきます。

これは申し込んだ人全員に送付されるので、届かないなーという方は必ず問い合わせてくださいね!


最後が宿泊付き先行予約です。

2017年は、近畿日本ツーリスト北海道マルチメディアセンターが窓口でした。

今年については、こちらも詳細が分かり次第追記します!


スポンサーリンク

北海道マラソンにエントリーするための参加資格と料金

北海道マラソンにエントリーするための参加料金

ただ走るだけならお金がかかりませんが、大会に出場するとなるとエントリー料が必要となりますよね。

北海道マラソン・フルマラソンの参加料は、1人11,000円となっています。

ただし、インターネット申し込みの場合、RUNNETのエントリー手数料が取られるんですよ。

RUNNETによる大会エントリー手数料は、支払い総額が4000円以下であれば200円、4,001円以上なら5.15%です。

これ、参加料ではなくて支払い総額ってところに注意してくださいね。

北海道マラソンでは関係ないと思いますが、オプションで有料サービスが受けられるような大会の場合、そういった有料サービスも全て含めた金額ということですよ!

話を北海道マラソンに戻しましょう。

北海道マラソンの参加料は11,000円なので、RUNNETの手数料は566.5円です。

あと、チャリティエントリーは参加料にプラスして5万円以上の寄付(チャリティ)が必要ですよー。

北海道マラソンにエントリーするための参加資格

ちょっと順番が逆になってしまいましたが、肝心の参加資格も知っておかないとですよね(^▽^)

でもエントリーするための条件はとてもシンプルなんですよ。

大会当日に満19歳以上の男女で、フルマラソンを5時間以内に完走できる人

です。

直近2年3か月以内(2017年大会の時は2015年1月1日~2017年3月31日)の、国内の公認大会および海外の大会での記録が有効とされています。

マラソン初挑戦とか、この期間内の公式記録がないという方は、予想タイムでの申告でも大丈夫です!

ただいくら予想タイムでいいからといって、7時間のところを5時間とかに短縮しないようにしましょう。

そんなことをしても、関門でひっかかってしまいます(;’∀’)

北海道マラソンのエントリーは先着順のみ?倍率は?

最後に一番大事なお話。

北海道マラソンのエントリーは、基本的に全て先着順です!

例外は郵送申し込みのみ。

郵送申し込みでは、期間内の応募が定員を超えていたら抽選となります。

それ以外は全て先着順!

じゃあ、どれくらいの速さで締め切られるの?っていうのが気になりますよね。

2016年大会では、募集開始の翌日20時ごろに締め切りとなったので、約26時間後ですね。

一方で2017年大会は、8日後に締め切られました。

ついでにいえば、定員が今より2000人少なかった2015年大会はおよそ13時間、2014年大会は12時間弱で受付終了となったそうです。


うーん、傾向が読めませんね(;^ω^)

ただ一瞬で枠が埋まるというわけではなさそうです。

どうしても走りたいからチャリティ枠などに申し込むという必要もなさそうです。

一方でエントリー開始直後は、アクセスが集中して繋がりにくくなる時もあります。

毎年、日曜日の18時がエントリー開始のタイミングなので、初日の日付が変わる前までにエントリーを済ませるようにすれば、まず問題ないんではないかとみています。

絶対に走りたい!っていう人は、早めにエントリーを済ませておきましょう^^


スポンサーリンク

北海道マラソンのエントリー方法と料金や参加資格!先着順ですよ!-まとめ

真夏にマラソンって聞くとちょっと躊躇してしまいますが、北海道なら気持ちよく走れそうですよね。

代表の選考レースとしても知られている北海道マラソン、早めにエントリーすれば走れる可能性は高いので、今年はぜひあなたも挑戦してみてください(^▽^)/