あべのハルカスでジブリ立体建造物展 混雑予測やチケットにグッズのご紹介

あべのハルカスでジブリ立体建造物展 混雑予測やチケットにグッズのご紹介

巡回展覧会をしていたジブリの立体建造物展が、ついにあべのハルカスに登場!

ジブリファンとしては絶対に見逃せませんよね( ´艸`)

各地でチケット購入や入場のための行列が出来たほど大盛況なイベントです。

期待が高まると同時に、混雑状況が気になるのではないでしょうか。

またジブリのイベントではグッズ販売も、限定品があるかどうか気になってる人もいると思います。

チケット情報と併せてグッズ販売や混雑予測を詳しくご紹介します。


スポンサーリンク
  

あべのハルカスにジブリ立体建造物展 混雑状況はどうなる?大胆予測!

ジブリの立体建造物展~部分を見れば、全体が見える。~
会期: 2017年12月2日(土)~2018年2月5日(月)
時間: 10:00~20:00(入館は閉館の30分前まで)
会場: あべのハルカス美術館(あべのハルカス16階)
休館日: 12月4日(月)、11日(月)、1月1日(月、元日)
最寄駅: 各線「天王寺」「天王寺前」「大阪阿部野橋」駅


ジブリ作品に出てくる建物って、どこかにありそうだけど架空の建造物なんですよね。

「風の谷のナウシカ」から2014年の「思い出のマーニー」までの作品に出てくる、印象的な建造物の背景画や美術ボードなど制作資料450点が一挙公開されます。

さらに気になるのが、この中でも特に代表的な建造物は実際に立体模型を作って展示していること!

450点もの資料が見られるっていうだけでも凄いのに、立体模型まで作ってしまうとは、さすがジブリです(≧▽≦)


2016年10月~2017年1月まで開催していた熊本展では、数十名がチケット購入の列に並んだり、入場待ちの行列が出来たりしていました。

それ以外の地域での展示も、1時間、2時間待ちの行列が頻繁に起きてたそうです。

まだ始まってないので予測となってしまいますが、大阪は熊本以上の人出となりそうですよね。

そこで混雑しやすい日と、混雑回避のコツをご紹介します(^▽^)/

まずポイントは、ジブリ作品がテーマとなっていることから親子で来る方が多いこと。

あとは40代くらいまでの層が中心で、高齢者はどちらかというと少なくなりそうです。

つまり大人だけで来る方は午後から夜間にかけてが多いでしょうし、親子の場合は逆に午前から午後にかけて、遅くても15時ごろまでに集中するといえます。

そして要注意なのが週末と冬休み期間(12月23日~1月7日ごろ)ですね。

子供の場合は、どうしても学校がお休みの日に集中します。

そこで私がおすすめするのはこれ!

会期が始まったらなるべく早く行く
時間が経つにつれて口コミだったり、テレビや雑誌などでの露出が増えて行きます。

おまけに今回はすでに全国で巡回展示をしていて、満足してる方が多いです。

そうなると混雑もひどくなっていくのは明らかではないかと。

なのでさっさと見に行くに限ります!


平日の午前中もしくは夕方に行く
展覧会は平日よりも週末が混雑するのは鉄則。

そして今回はどちらかというと高齢者は少なめなので、平日のオープン直後が狙い目です。

でも冬休み期間など、学校がお休みの時はダメですよ!

午前中が無理という方は、平日の夕方以降を狙いましょう。

ジブリファンにはサラリーマンも多いと思うので、そういう人たちは平日の会社帰りに来ます。

なので通常の(というか、絵画などの)展覧会よりは、夕方以降も混みそうですがでも日中よりは空きそうです。

実際、熊本展で混雑が集中する時間帯はお昼頃から16時くらいまでが多かったですよ。

スポンサーリンク


空いているところから見る!
どういう展示になるのかはまだ分かりませんが、順路が決まっていないようであれば人の流れに乗るのではなく、奥の方に進んで空いているところから見て行きましょう!

豊田市での展示ではテーマごとに小部屋に分かれていて、順番に見てまわるスタイルでした。

こうなると奥の方から見て行くというのは難しいですね。

でも同じ部屋の中にも展示物は複数あり、なんとなく人の流れというのがあります。

周りの迷惑にならない程度に、空いているところから見て行きましょう!


チケットは事前購入!
これは絶対鉄則ですよー。

チケットを持っていない人と、すでにチケットを持っている人では混雑時に入場にかかる時間は大きく変わります。

ぜひ事前に買っておきましょう。

会期が始まる前の今なら、少し安い前売り券が買えますよー♪


展覧会が始まったら、実際の混雑状況や今後の傾向を随時追記していきます!​(”ω”)ノ

あべのハルカスにジブリ立体建造物展 前売り券や当日券の料金は?

今ならまだ前売り券の購入が可能です。

前売り券は、一般1,300円、高校・大学生900円、小中学生300円。

ちなみに当日券は前売りよりも200円高い一般1,500円、高校・大学生1,100、小中学生500円となります。

前売り券は会期前日、2017年12月1日23:59までの販売です。

絶対行くって決めてる人は、今のうちに前売り券を買ってしまいましょう!

ローソンチケットチケットぴあ(前売り券のみ)でインターネット購入ができます。 

またローソンやミニストップ、セブンイレブンなどの店頭でも購入可能です。

あべのハルカスでの直前の北斎展では、チケット購入のために60分、80分待ちなど頻発してました。

豊田市などのジブリ立体建造物展他会場でも、チケットを買うのに1時間待ちとかありました。

ぜひ、いえ必ず事前にチケットを入手してから向かいましょう!

あべのハルカスにジブリ立体建造物展 グッズはどんな感じ?限定品はある?

ジブリファンならグッズが気になりますよね(≧▽≦)

まず絶対欠かせないのが「ジブリの立体建造物展 公式本」(税抜き2,000円)です。

約380点の図版を掲載、建築家による解説、宮崎駿監督との対談、鈴木敏夫Pのエッセーなど盛りだくさん!

これはぜひ買ってくださいね♪

それ以外は・・・

クリアファイル、ポストカード、ノートなどごく一般的なグッズが中心です。

残念ながら、この展示会限定グッズはなさそうです( ・´ー・`)


スポンサーリンク

あべのハルカスにジブリ立体建造物展 混雑予測やチケットにグッズのご紹介-まとめ

ジブリ作品を一度も見たことがないという人はいないんじゃないの?というくらい、国民的人気なスタジオジブリ。

作品に出てくる建造物の立体模型を実際に作ってしまうっていうのは、とても面白い試みですよね。

そしてその出来栄えは本当に見事なんです。

ぜひ行って、ジブリの世界に浸ってきてくださいね(*´▽`*)