日本科学未来館MOVE生きものになれる展の混雑予測と見どころ、チケット情報

日本科学未来館MOVE生きものになれる展の混雑予測と見どころ、チケット情報

日本科学未来館の企画展「MOVE 生きものになれる展―動く図鑑の世界にとびこもう!」が始まります。

これは自分が生きものになりながら、図鑑の中に出てくる生きものになって、勉強(ワザを習得)しながら自分だけの図鑑を作っていく企画です。

体験型なので、子供は喜びそうですよねー(*´▽`*)

そこで今日はこの企画展の見どころやチケット情報、そして忘れてはいけない混雑予測をご紹介します。


スポンサーリンク
  

日本科学未来館MOVE生きものになれる展の見どころ

MOVE 生きものになれる展 ―動く図鑑の世界にとびこもう!―
場所: 日本科学未来館1階 企画展示ゾーン
会期: 2017年11月29日(水)~2018年4月8日(日)
休館日: 火曜日(12/26、1/2、3/20、27、4/3を除く)、年末年始(12/28~1/1)
時間: 10:00~17:00
最寄駅: ゆりかもめ「船の科学館」駅、「テレコムセンター」駅それぞれの駅から徒歩5分/りんかい線「東京テレポート」駅徒歩15分


講談社が出している「動く図鑑 MOVE」シリーズをご存知ですか?

普通の図鑑は、当たり前といえば当たり前ですが写真や絵と文章で説明していきますよね。

でもこの動く図鑑は、そこにDVDが加わるんです。

映像(DVD)と本(図鑑)がリンクしているので、より興味を引く仕掛けなんですね。

それに図だけだとイマイチ分かりにくくても、映像になるとすんなり頭に入ってくることってありませんか?

それは小さい子供にとっても同じこと。

で、この日本科学未来館の企画展では、この「動く図鑑」のコンセプトや世界観を共有しながら、「五感で生きものの知恵や技術を体験」する展覧会となっています。

よくある博物館の展示は、そこに展示されているものを観察して理解を深めていくものでしたよね。

でもこの「MOVE行きものになれる展」では、自分がその対象の生きものになることで、生きものへの理解をより深めよう!っていうコンセプトです。

生きものは私達人間とは違った形で環境に適応し、生きていっています。

私達とは修正が違うんだから、一方的な情報として入ってくるだけでは理解が難しいことも。

でもその生きものになりきって実感していけば?

「なるほど!」「分かった!」に繋がりますよね。

しかもこの体験が、ゲーム感覚でできるように工夫されているので子供にとってはさらに楽しい!

学習していると意識しなうちに、気付いたら理解している素晴らしい企画展ですねー( ´艸`)

ちなみにここの展示で出てくる「生きもの」は4種類に分かれます。

ワンダー・ジャングル: 熱帯雨林のユニークな生きものとは?

ミラクル・サバンナ: サバンナの生き物を通じて食物連鎖や競争を勝ち抜く進化を理解

スモール・ガーデン: 足元にいる小さな生き物に注目

サバイバル・オーシャン: 海に生きる生きものから海の生存競争の厳しさを体験


スポンサーリンク

日本科学未来館MOVE生きものになれる展の混雑予測は?

この企画展は小学生の子供がメインとなりそうですよね。

中学生でも楽しめそうですが、やっぱり小さい子に混じって体験をするのはちょっと嫌がりそう(笑)

となると学校のある平日は、就学前のお子さん連れが中心になるのでそこまで混雑はひどくなさそうです。

やっぱり週末や祝日が要注意ですね。

さらに12/23(土)~1/7(日)の冬休み期間と、3月半ば以降の春休み期間に混雑が特に集中しそうです。

たとえば9月までやってた企画展「ディズニー・アート展」は、週末には100分を超える入場待ちが発生することもしばしばありました。

もっともこれは大人も楽しめる展示なので、単純に比較は出来ないんですけどね(;^ω^)

学校に通ってるお子さんと行くとなると、どうしても週末や長期休暇期間中になってしまうと思います。

であれば、少しでも早い時間の到着を目指しましょう!

混んで来ればそれだけ入場待ちの行列に並び、さらに入場後もなにかと時間制限がかかってしまいがちです。

同じ並ぶのでも、オープン前から並んでオープンと同時に入場出来れば、少しはゆっくり楽しめますよー。



まだ会期が始まっていないので想像できないところもありますが、展示が始まったら随時混雑状況もこちらに追記していきますね!

日本科学未来館MOVE生きものになれる展の前売りやチケット情報

混雑が予想されるイベントでは、事前にチケットを買っておくことがとにかく大事です!

チケットを持っていなければ、まずチケット購入の列に並び、そのあとで入場待ちの列に並ぶことになります。

でもチケットがあれば、入場待ちの列だけですみますね♪

さらにいえば、会期前に前売り券を買ってしまえば1人200円安く買えます( ´艸`)

絶対に行く!って決めてる方は、ぜひ前売り券を買ってくださいね。

直前にならないと分かんないんだよねーっていう方も、現地に到着するまでの間にぜひ購入してください。

ちなみに、この企画展のチケットで通常展示の常設展にも入館できます。

でも通常の入場券では企画展への入場はできません。

必ず「MOVE生きものになれる展」のチケットを買ってくださいねー!

19歳以上の大人 1,900円(1,700円)

小学生~18歳以下の中人 1,300円(1,100円)

4歳~小学生未満の小人 1,000円(800円)

65歳以上のシニア 1,700円(1,500円)
※カッコ内は前売り券の料金です!

前売り券販売期間: 2017年11月28日(火)23:59まで
当日券販売期間: 2017年11月29日(水)0:00~2018年4月8日(日)15:00まで

※当日券とは言ってますが、別に行くその日に買わないといけないわけではないですよ。
会期中であればいつでも入館できます♪


チケットは、セブンチケットセブンネットショッピング(グッズ付きチケットのみ)楽天チケット、そしてセブンイレブンのマルチコピー機で買えます。

もちろん日本科学未来館のチケット売り場でも購入可能。

ただし当日券のみです。前売り券が欲しい人は、ネットもしくはセブンイレブンで購入してくださいね^^


スポンサーリンク

日本科学未来館MOVE生きものになれる展の混雑予測と見どころ、チケット情報-まとめ

動物や昆虫、魚など生きものに興味を持っているお子さんがいる方は、ぜひ行ってみてはいかがでしょうか。

実際に体験することでお子さんにとっても理解が深まるし、何よりも忘れにくくなると思います。

4月までと会期も長いので、ぜひ計画してみてくださいね♪