センター試験当日のお弁当 受験におすすめのおかずはゲン担ぎ?

センター試験当日のお弁当 受験におすすめのおかずはゲン担ぎ?

いよいよお子さんのセンター試験。

ここまで来たら親の出来ることなんてたいしてないけど、せめてお昼ご飯くらいはしっかりと準備してあげたいですよね。

でも受験当日のお弁当って何がいいんでしょう?

やっぱりゲン担ぎにこだわるべき?

それとも子供好きなもの?

いやいや栄養満点のお弁当?

子供が実力を発揮できるように、お弁当でサポートできることはたくさんあるんですよ(*´▽`*)


スポンサーリンク
  

センター試験当日のお弁当はどうする?

センター試験に限らず、受験当日のお弁当っていろいろ悩みますよね。

まず大事なのは、お子さんが自分のペースでお弁当を食べられるようにしてあげてください。

これはお子さんの性格にもよりますが、たとえば緊張しがちなタイプだとお昼休憩の時間に一気に食べることができないかもしれません。

緊張で食べ物を喉が通らなくなってしまうんですね。

少しなら大丈夫だけど、一気にたくさんは無理とか。

またはこれは私もそうなんですが、一気にご飯を食べるとお腹を壊してしまいがちの人もいます。

家にいるときや学校なんかではトイレに駆け込めばいいだけですけど(恥ずかしいかもしれないけど!)、試験中はそんなことしたら時間のロスだし、何よりも精神的にペースを乱してしまいかねません。

そんな時は、時間をかけて少しずつ食べるなんてことが有効だったりします。

また普段はそんなことないけど、やっぱり受験といった人生を左右するような時にはやっぱり平常心を保つのが難しくなったりもします。

そこで、まずはお弁当を小分けにして自分のペースで食べられるようにしてあげましょう。

小分けにしていれば、お昼休みに一気に食べることはもちろん、試験と試験の間の短い休憩時間に少しずつつまむことも出来ます。

とすると、こんなものが喜ばれます。

休憩時間にささっと食べられるように、一口サイズのおにぎりやサンドイッチを多めに持たせる

周囲への迷惑や逆に周囲の注目を浴びないように、匂いのきついものは避ける


休憩時間に食べられるようにってことを考えると、この2つはぜひ気を付けたいですね。

もちろんこれとは別に、お昼休みにしっかり食べられるおかずなどを用意してあげると喜ばれますよ^^


スポンサーリンク

受験当日はゲン担ぎをしたお弁当が一番?

受験ってなると、どうしてもゲン担ぎが頭をよぎりますよね。

やっぱりカツ(勝つ)は入れるべき?

キットカット(きっと勝つ)は、もはや定番?

お弁当にゲンを担いだおかずを入れるのは、決して悪いことではありません。

でもやりすぎると逆効果になってしまうかもしれません。

たとえば、緊張しがちで小食なお子さんのお弁当に、ドーンととんかつが入ってたらどうでしょうか?

なかなか食べる気になりませんよね(^^;

おまけにトンカツメインになってしまっていたら、他に食べられるものがなくなってしまうかもしれません。

頑張って食べたとしても、胃もたれとかしてしまうかもしれませんよね。

それだったら入れるとしても、一口サイズにして他にもいろいろなおかずをいれてあげましょう。

逆に、普段からここぞっていう日にはゲンを担いでトンカツを食べているとします。

そういったことに慣れているお子さんにとっては、お弁当にトンカツが入ってたら逆に気合が入るかもしれませんよね。

センター試験だからといってゲンを担ぐのではなく、お子さんが何をどれくらい食べられるのかを見極めながら、出来る範囲でゲン担ぎをしてあげたいですね。

ではどんなお弁当にしてあげると、子供が力を発揮できるんでしょうか?

受験当日のお弁当 おすすめのおかずは?

一番いいのはセンター試験だから、受験だからといって気負わずに、普段通りのお弁当にすることです。

そのうえでお子さんが好きなものや消化のいいものを入れてあげられれば最高ですね。

大事なのは、普段から食べているものだっていうことです。

ちょと極端な例になってしまうかもしれませんが、普段の食事はパンとステーキのような洋食中心のお子さんに、いくら栄養がいいからといって五穀米にひじきやホウレン草の煮びたしのようなザ・和食のお弁当を持たせたらどうなるでしょう?

私だったら完全に調子が狂ってしまいます(;^ω^)

たった一食のことなので、栄養なんてある意味で気にしなくてもいいとは思います。

家に帰ってきてからの夜ご飯で、栄養はしっかりと取ってもらいましょう。

それよりは「普段通り」の食事で安心してもらいたくないですか?

さっき書いた「ゲン担ぎ」も同じですよ。

いつもここぞっていう時にゲン担ぎをした食事をするのが普通なのであれば、ゲン担ぎも「普段通り」ってことなんですよね。

そして普段通りの中でも、お子さんの好きなものをいれてあげるとパワーになってくれるんではないでしょうか。

ただこの場合も、胃もたれなど消化不良をおこしやすいものは少しにするなど、工夫が必要ですね。


さっき栄養は別に気にしなくてもいいって書きましたが、ブドウ糖だけは別です。

ブドウ糖は脳のエネルギー源となる、とても大事な栄養素です。

ぜひブドウ糖(糖質や炭水化物)をしっかりと補給できるものを、お弁当にいれてあげましょう。

おにぎり(炭水化物)で補給するもよし、ゲン担ぎを兼ねてキットカット(糖分)で補給するのもいいと思います。

途中でブドウ糖を補給することで、最後の科目までしっかりと集中力を保って全力を発揮することが出来ます。

これこそお母さんができる、最大の援護射撃ではないでしょうか?(*´▽`*)


スポンサーリンク

センター試験当日のお弁当 受験におすすめのおかずはゲン担ぎ?-まとめ

センター試験当日、一番緊張しているのは受験生であるお子さん本人です。

お母さんはどんと構えて、いつもと何も変わらないかのように送り出してあげたいですね。

そして会場でお昼ご飯を食べる時に、安心してもらえるようなお弁当をぜひ作ってあげてください(*´▽`*)

あとは忘れ物などないように、さりげなーくフォローしてあげてくださいね♪

おススメ! センター試験の持ち物で注意点や持っていくといいものは?シャーペンはあり?