神宮外苑いちょう祭り最寄駅からのアクセスと混雑や開催時間は?

神宮外苑いちょう祭り最寄駅からのアクセスと混雑や開催時間は?

2016年は直前のイベントで不幸な事故があったことから、開催中止となってしまった神宮外苑のいちょう祭り。

今年、2017年は正式に開催が決定しました!

毎年都内の人気黄葉スポットで上位にランキングされる神宮外苑の銀杏並木。

ぜひ足を運んでみてくださいね♪(*´▽`*)

今日はこの神宮外苑いちょう祭りの開催時間と見頃時期、みどころ、最寄駅からのアクセス、そして混雑情報など事前に知っておきたいあれこれを詳しくご紹介します(”ω”)ノ


スポンサーリンク
  

神宮外苑いちょう祭りの開催時間や見頃時期と見どころ!

2017年の神宮外苑いちょう祭りの開催期間が正式に発表されました!

開催期間: 2017年11月17日(金)~12月3日(日)
開催時間: 10:00~20:00

神宮外苑いちょう並木の見ごろ時期

神宮外苑はモミジではなくイチョウによる黄葉がとても綺麗なことで有名です。

だからこそ「いちょう祭り」なんですが(笑)

そしてこのイチョウ、その年によって色付きの速さは当然変わってきますが、例年は11月下旬が見ごろになります。

2017年でいえば、いちょう祭りが始まった直後の週末よりも、その翌週もしくは終了直前の週末を狙った方がよさそうですね!

そして神宮外苑の銀杏並木といえば、映画やドラマの定番ロケ地ですよね​(*´艸`)

黄葉がピークを迎えて黄金色に輝くトンネルや、落葉で見事な黄色のじゅうたんをテレビで見たことがある人も多いハズ。

この「黄色のじゅうたん」を楽しみたいのであれば、12月に入ってからがおすすめ。

2017.11.19追記
イチョウの黄葉は大分進んでますが、あと一歩といった感じです。今週末からのいちょう祭りの影響で、この週末の外苑はものすごい人出で大混雑でした(*_*;

神宮外苑いちょう祭りの見どころ

さて、このいちょう祭りですがイチョウ並木を愛でるのはもちろんなんですが、多くの人のお目当ては屋台です!(笑)

いちょう祭りでは全国各地のグルメ屋台や物産品を扱う屋台が50~60店以上集結します。

今年の出店情報はまだ発表されていないので、過去の例で少しご紹介しますね♪

北海道のイクラ丼や海鮮かにラーメン
青森は八戸のせんべい汁
仙台の牛タン塩焼き
博多もつ鍋ラーメン
沖縄のソーキそば

日本国内だけでなく世界各地のグルメも集結

トルコのケバブ
タイ料理のパッタイ
本格石釜ピザ

最近ではお祭りの屋台といえば、B級グルメもお約束ですよねー♪

冨士宮やきそば
厚木シロコロホルモン

などなど。


他にも工芸品などの物販も行われています。

屋台は青山通りからイチョウ並木を抜けたところにある噴水を囲むようにして、ずらりと並んでいますよーヾ(o´∀`o)ノ

大道芸人によるパフォーマンスやイベントも多く行われます。

イベントは平日も行われていますが、やはり週末の方がイベントの数も多く盛り上がりますね(*´▽`*)

公園内の一角には、子供向けのイベントスペースも出来るので小さいお子さんと一緒に来る場合は、そこに行って遊ぶのもおすすめです♪

ゆるキャラが来てたり、思い切り落書きできるスペースがあたりと、子供も楽しめる工夫がされています。

今年のイベントや出店屋台情報は、発表され次第また追記しますね(*´▽`*)


スポンサーリンク

神宮外苑いちょう祭り最寄駅からのアクセス

神宮外苑いちょう祭りへのアクセス。

最寄駅は都営大江戸線、地下鉄銀座線、半蔵門線の「青山一丁目駅」もしくは地下鉄銀座線の「外苑前駅」です。

この両方の駅の真ん中にある「青山2丁目」の交差点が、いちょう並木への入り口です。

ここからイチョウ並木が200~300メートルほど続くんです。

よくテレビなどで見る、いちょう並木が続いて奥に国会議事堂みたいな建物が見えるシーンありますよね。

あれは、この「青山2丁目」あたりからイチョウ並木を見ているんですよー(”ω”)ノ

そして国会議事堂みたいな建物って言うのは、奥にそびえ立つ「聖徳記念絵画館」です!

いちょう並木を抜けたら、すぐ目の前に噴水があって広場というか公園になっています。

グルメ屋台やイベントなどはここのスペースで実施♪


一応、神宮外苑の反対側からの最寄り駅もご紹介しておきますね。

正徳記念絵画館側に近い駅が2つあります。

JR総武線各駅停車の「信濃町駅」と都営大江戸線の「国立競技場駅」です。

この2つの駅から来る場合は、正徳記念絵画館の横を通ってイベントスペースになっている公園を突き抜けてからいちょう並木に行く形になります。


ご紹介した4つの駅は、どれも神宮外苑まではすぐです。

ただ神宮外苑自体がそれなりに広いので、いちょう祭りをやっているスペースやいちょう並木に近いのが「青山一丁目駅」と「外苑前駅」ということですね♪

神宮外苑いちょう祭りの混雑はどれくらい?

東京のど真ん中ですから、やはり人出は多いです(;^ω^)

またこれはもうどこでも同じような光景が繰り広げられてますが、最近は外国人観光客が増えています。

特にアジアからの観光客による行動が問題になりつつあります( ・´ー・`)

このイベントは毎年150万人近い人出があるそうで、週末になると警備の方が誘導していることも。

ただいちょう並木を抜けた公園スペースは、そもそもが広い場所なので歩くのもままならないっていうような混雑にはなりません。

いちょう並木が続いている道も、そこでイベントが行われているわけではないので大混雑というわけでもありませんε-(´∀`*)ホッ

でも撮影スポットで写真を撮ろうとすると順番待ちをしたりすることはありますし、人が入らないように写真を撮るのはかなり至難の業となるかと思います(;”∀”)

少しでも空いている時間となると、週末より平日、午後よりも午前中ですよね。

ただしその分イベントなどは少なくなってしまいますが(;”∀”)

イベントよりもいちょう並木の黄葉をじっくりと堪能したい、絵になるような風景の撮影をしたいというような場合は、いちょう祭りが開催されている時間をさけて早朝を狙いましょう!


スポンサーリンク

神宮外苑いちょう祭りの見どころと混雑や開催情報-さいごに

146本のいちょうが整然と並んで黄葉している光景は本当に美しいです。

ぜひ訪れてみてくださいね♪(*´▽`*)