スタッドレスタイヤへの交換はいつ?適切な気温やタイミングの目安はこれ!

スタッドレスタイヤへの交換はいつ?適切な気温やタイミングの目安はこれ!

夏が終わって過ごしやすい季節になってくると、車のタイヤ交換のタイミングが頭の中をちらつきはじめませんか?

あまり早くスタッドレスタイヤに交換してもダメだし、ギリギリまで待ちすぎて雪が降っちゃった!ってのも困る。

この記事では、ノーマルタイヤからスタッドレスタイヤへ履き替えるタイミングについてご紹介しています。

交換に適したタイミングはどう判断しますか?カレンダーの暦が目安?それとも気温?


スポンサーリンク
  

スタッドレスタイヤへの交換はいつ?

よく「何月になったらスタッドレスタイヤへ交換しましょう!」っていう方がいますけど、この言い方は正しくないんですよね。

だって住んでる地域や、車を運転する頻度、車での行動範囲などで「いつ」っていうのは大きく変わってくるので。

東京に住んでる人よりは北海道在住の人の方が早くタイヤを交換するでしょうし、同じ地域でも山間部と都市部では変わってきますよね。

東京に住んでても、スキーやスノボをしに車でスキー場によく行く人と近場しか運転しない人でも変わってきます。

もっと言ってしまえばお天気次第なので、初雪のタイミングや暖冬か厳冬かでも大きく左右されます。

なので、ノーマルタイヤからスタッドレスタイヤへの交換をいつするかは、気温を目安にして判断しましょう!

あ、もちろん「何月」というのが全然アテにならないというわけではありません。

例年だと何月ごろから・・・っていうのも目安にはなります。

でも「10月になったらからスタッドレスに交換しなきゃ」ではなく、「そろそろ10月だからタイヤ交換ももうすぐだね。今年の冬将軍はいつ来るかな~」っていう注意喚起っていう意味で有効だと思いましょう!

スタッドレスタイヤへ交換する時期は気温が目安

夏タイヤ(ノーマルタイヤ)は気温が低くなってくるとタイヤが硬くなって、本来の性能を発揮することが出来ません。

一方でスタッドレスタイヤで使われてるゴムは、気温が低い時でも硬化せずにしっかりと働いてくれるのが特徴です。

だから冬になると寒さが厳しい地域では、スタッドレスに履き替えるんですねー。

で、ここで重要になってくるのが「気温が低い」っていうのは、何度以下の事?っていう疑問。

タイヤメーカーは5~7度を推奨しているところが多いです。


私も今は首都圏在住なのでノーマルタイヤ+チェーンで冬を乗り切っていますが、昔カナダに住んでいた時は冬はスタッドレス必須でした。

(首都圏での冬用タイヤについてはこちらを参考にしてくださいね♪ → 参考 東京で冬タイヤは必要?車の雪対策にはチェーンでは不十分?)

その時にいつもお世話になっていた整備士さんに言われたのが、「最高気温が7度以下の日が続くようになったら交換した方がいい」ってこと。

季節の変わり目って気温のアップダウンが激しいから、1日だけ5度まで冷え込むけどすぐまた10度とか12度の日が続くってこともありますよね。

そのたった1日の気温ではなくて、7度以下の日が1週間で何日も出てくる、それくらいの気温が普通になってきたら交換のタイミングってことですね。

それよりも早く交換してしまっても、もちろん走行は可能です。

スタッドレスタイヤは雨だとノーマルタイヤよりは滑りやすいっていう特性がありますが、意識して早めにブレーキをかけたりすれば安全に運転できます。

ただタイヤの寿命が短くなってしまいますよーっていうことですね。

スタッドレスタイヤへ交換する時期の目安は、最高気温が7度以下の日が続くようになったら!

これを覚えておいてくださいね(”ω”)ノ


スポンサーリンク

スタッドレスタイヤへ交換するタイミングと気を付けること

スタッドレスへ交換する目安は分かりましたね。

では最後に気を付けてほしいことをいくつか。

車で遠出をよくする人は出先の天気予報もチェック!

車で長距離ドライブをする方は、自宅周辺の天気だけでなく出先の天気予報もチェックしてくださいね!

東京都心は10度くらいでも、山間部ではぐっと冷え込んで雪もちらついているなんてことはよくあります。

そういう時は、より寒い地域の気温でタイヤ交換のタイミングを決めましょう。

新品のスタッドレスタイヤの場合は慣らし走行が必要!

スタッドレスでもノーマルでも同じですが、タイヤを新しく買ったときは、本来の性能を発揮できるまでに慣らし走行が必要です。

慣らし走行をすることで、タイヤの表面が馴染んできてグリップ性能が最大限に発揮されるようになるんですね。

慣らし走行の目安としては、時速80キロ以下のスピードで100mの距離を走らせること。

今シーズン、新しくタイヤを買うという場合は、本当にスタッドレスタイヤが必要になる時までに慣らし走行を追えるようにしましょう。

慣らしを兼ねてちょっと日帰りドライブっていうのもいいですよー(*´▽`*)

タイヤ交換をお店などでお願いする人は早めの行動を!

気温が冷え込んできていよいよ冬タイヤへの交換が必要になってくると、タイヤ交換をやってくれるお店は混雑してきます。

またタイヤを新調するのであれば早めに行かないと、目当てのタイヤが在庫切れになってしまうことも。

あなたご自身や家族など身内でタイヤ交換をするのであれば、当日思い立って実施なんていうのも出来ますが、お店に持ち込んでお願いする場合は余裕を持ちましょう。

特に例年よりも寒くなるのが早かったりすると、みんな慌てて行動に出ます。

ご自身のカーライフを考えながら、早め早めで!


スポンサーリンク

スタッドレスタイヤへの交換はいつ?-さいごに

スタッドレスタイヤは雪の降る地域だけが必要ではありません!

雪が降らなくても気温が低ければ路面凍結してしまう可能性がありますし、何よりも低温に強いのはノーマルじゃなくてスタッドレスタイヤ。

いざ車でお出かけという時にタイヤ交換がまだで慌てなくて済むように、前もって準備しておきたいですね​٩( •̀ω•́ )ﻭ