台風で飛行機が欠航する基準と振替や払い戻し、ホテル代についての対応

台風で飛行機が欠航する基準と振替や払い戻し、ホテル代についての対応

台風が直撃して飛行機が軒並み欠航になり、空港大混乱。

夏になると1度や2度はニュースで見る光景ですよね。

台風の中危険を冒してまで飛ばせ!とは思わないけど、欠航する基準は何?

一番安いチケットで時間変更やキャンセル不可なんだけど、台風で欠航したら振替や払い戻しはしてくれるの?

欠航のためにキャンセルや延泊したホテル代は、航空会社が負担してくれる?

台風が近づいている時に飛行機を利用する場合、気になる事をまとめました!

1つだけご注意!

欠航になる基準や、欠航した場合の航空会社の対応は、各社によって変わってきます。

各社の傾向は似ていますが、特にLCC(格安航空会社)とフルサービスキャリアと呼ばれるANAやJAL、エアドゥなどで対応が分かれることもあります。

今回は主に、フルサービスキャリア、その中でもANAとJALの国内線の場合の対応を中心に書いていますよー!

おススメ! 傘は飛行機に持ち込み可能?国内線のJALやANA、LCCで違いはある?


スポンサーリンク
  

台風で飛行機が欠航する基準ってなに?

まず最初に断言しますね。

欠航する基準はありません!

こう書いてしまうとちょっと語弊があるかもしれませんね。

当然、各航空会社は社内での規定や基準を設けているはずですが、公表していないんです。

なぜかといえば、その基準を一律に適用できるとは限らないからです。

というのも、同じ気象条件下でも機種によって飛べる飛べないが出てきますし、空港によって着陸(離陸)できる出来ないが出てきます。

それに気象条件って全てが全く同じになることってそうそうないですよね。

台風と一口に言っても、雨台風と風台風では違ってきますし。

そんなこんなで公表していないんですね。

って、これで終わってしまっては怒られそうなので(笑)、そうは言っても今までの経験から見えてくる傾向というものがあるので、それをお話します!

まず飛行機にとって怖いのは雨ではなく風です。

それにいくらデカイ台風がルート上にいたとしても、一度飛び上がってしまえば台風のさらに上を飛んだり、避けて飛んだりするので大きな影響はありません(揺れるかもしれないけど)

離着陸の時が一番神経を使うんですね。

そして飛行機には離着陸時横風制限というのが機種ごとにあって、それを超えてしまうと当然運行できません。

でもこれも、一般に私達がテレビやネットで見てる天気予報の風速や風向が基準になるワケではなく、当然その空港の状況で判断されます。

暴風域だったら結構の可能性が高い、強風域だったら条件次第と思えばいいかもしれませんね(もちろん、それ以上でも飛んだり、それ以下で欠航することもあります!!)

出発空港が台風の予報園内にいて欠航が出る時は、次の2つのパターンがあります。



全便が欠航する場合
機種によって飛べる飛べないの基準は変わってきますが、航空会社が今日は危ないから全便欠航!って決めたり、空港自体が閉鎖されてしまう場合ですね。

台風がまさに直撃してます・・・という時に多いです。



一部の便だけが欠航する場合
こちらはまさに機種による違いです。

台風がこれから来るとか、ピークが過ぎ去った場合に多いですね。

また機種による違いだけでなく、目的地の天候や機材繰りによる影響かもしれません。

例えば台風は通過したから運航再開したけど、今台風が向かってる地域が目的地となってる飛行機は着陸時のことや、着陸空港の状況次第では引き続き欠航ということはあり得ます。

それに飛行機はあちこちの空港を行ったり来たりしてますよね。

いくら出発空港も目的地である空港も台風の影響がないとしても、飛行機がいる空港が台風のど真ん中だったりしたら、あなたのいる出発空港まで飛んでこれませんよね。

羽田空港のような大型空港では代替機材の用意が出来る時もありますが、小さな空港ではそれも無理なので残念ながら欠航となってしまいます。



では、欠航するかどうかはいつ分かるのか?

大型台風が直撃するなんていうときは、前日に早々に欠航を決定する場合があります。

でも航空会社としては当然ながら、なるべく一便でも多くの飛行機を飛ばしたいんですよね。

なのでギリギリまで決定しないこともあります。

いずれの場合も、遅くても前日から公式サイト上で運航の見通しを発表、随時更新してますので、コマメにチェックするようにしましょう。

こういう時は電話はなかなか繋がらないので、ネットが一番確実です。

ちなみに、JALは全便欠航だけどANAは一部飛ぶとか当然その逆も有り得ます。

同じ羽田発那覇行きの便でも、機種や出発時刻によって判断が違っている場合もあります。

必ずご自分が予約した便の状況を確認するようにしましょう!

スポンサーリンク

飛行機が欠航したら振替や払い戻しはしてくれる?

飛行機のチケットって、正規運賃だけでなくていろんな割引運賃がありますよね。

早く予約すればそれだけ割引幅も大きかったりします。

でもそういうチケットって、変更やキャンセル(払い戻し)が出来なかったり、手数料を払わないといけないことが多いですよね。

台風で欠航になった場合も変更やキャンセルが出来ないんでしょうか?

原則としてこれは手数料負担ゼロで、変更(振替)やキャンセル(払い戻し)対象となります。

こういったチケットの変更、キャンセル不可というのは、購入者側の都合による変更やキャンセルは出来ませんよっていうことなので、航空会社が欠航を決めたのであれば話は別です。

ただし注意していただきたいことが1点。

航空会社側が欠航と決定する前に、自主的に変更やキャンセルをしてしまった場合は、手数料を払わないといけないのが原則です。

もっともJALやANAの場合は、交渉すれば手数料を返してくれるケースもあります・・・が、それは例外と心得ましょう。

もちろん振替や払い戻しが出来るといっても、制限がないわけではありません。

ANAの場合は、もともとの出発予定日から10日以内に手続きを済ませること、振替の場合はもともとの出発予定日から30日以内の便に振り替えること、振替可能なのは1回だけです。

もちろん振り替えた便がまたもや天候や航空会社側の都合で欠航になった場合は、改めて振替可能となりますが、乗客側の都合で「やっぱり他の便に変えたい」っていうのはダメです。

払い戻しにしたい場合は、同じく本来の出発予定日から10日以内に手続きを済ませることが条件となっています。

JALの場合は、振替は30日以内、払い戻しは40日以内と定めています。

変更、払い戻し手数料はANA同様にかかりません。

ANAのように手続きは10日以内のようなルールは設けていません。

また、有効期間が設けられているチケットの場合は、30日or40日以内もしくは有効期間最終日のどちらか長い方が適用されます。

ANAもJALも手続きをするときに予約番号やマイレージ番号、支払いに使ったクレジットカード、本来の航空券の提示などを求めてきます。

後々のトラブル防止のためにも、欠航便のチケットは捨てずに取っておいてくださいね。

両社ともに手続きは空港カウンター、電話、公式サイトで可能です!

飛行機が欠航するとホテル代は航空会社持ち?

もう1つ気になる事と言えば、飛行機が欠航したことによって発生するホテル代です。

欠航したことで旅行先のホテルをキャンセルするのにキャンセル料がかかった。

欠航によってホテルを延泊しないといけなくなった。

これは航空会社に請求できるのでしょうか?

答えはNOです。

欠航理由が航空会社に責任がある場合(機体整備やシステムトラブル、乗務員急病など)は、負担してくれる場合もあります(絶対ではないです!)

でも台風のような天候に起因するものは、航空会社の責任ではないですよね。

というよりも、航空会社側も莫大な損失が発生するので、被害者かもしれません。

無料で払い戻しや振り替えに応じるのが、航空会社側の誠意と捉えましょう。

ホテル代だけでなく、余計にかかった飲食代やその他の交通費も原則自腹となります。

旅行保険に入っていたり、旅行保険付きのクレジットカードを持っている場合は、補償が適用される場合もあるので、確認してみてください!

またツアー旅行の場合は、ツアー会社との契約によって変わってくるのでこれも確認してみてくださいね。

スポンサーリンク

台風で飛行機が欠航-さいごに

台風と言っても、さほど影響がない場合もあれば、大混乱を引き起こす場合もあります。

とにかく大事なのは、コマメに公式サイトをチェックして情報収集することです。

また振替や払い戻し手続きはネットでも出来るので、空港に向かう前に欠航が決まったら無理に空港に行く必要はありません。

何事もなく無事に旅行に行けるのが一番ですが、お天気だけはどうしようもないことですよね。

運悪く、台風の影響が出てしまうようであれば、このページの内容を参考にして頂ければ嬉しいです(´▽`*)