車の洗車は雨の日がおすすめ!割引や拭き取り不要が決め手?!

車の洗車は雨の日がおすすめ!割引や拭き取り不要が決め手?!

洗車ってどんな日にしていますか?

晴れている日ですか、それとも雨の日ですか?

「当然、晴れの日でしょ!」、「雨降ってるのに洗車したって意味ないでしょ?!」と、思ってる人って多いのではと思います。

でも実は晴れた日よりも雨の日の方が、洗車には適しているんですよー。

その理由をご紹介します。


スポンサーリンク
  

車は雨の日洗車が定説?!

実はヨーロッパなど環境問題に敏感な国では、洗車は雨の日にするのがセオリーなんだそうですよ。

理由は、晴れている日は日光が車体に当たることによって洗剤や水がすぐに乾いてしまうため、洗剤を無駄に使用するのを避けるために雨の日に洗車をします。

洗剤はそのまま下水道へと流れていくから環境汚染に繋がる。だから少しでも少なくてすむように・・・ってことですね。

ヨーロッパらしいですが、正直なところこれだけだと心は動かされないですよね^^;

実は雨の日の洗車にももう1つ理由があるんです。

それが太陽の光、日光。

日光によって車体が高温になると車の塗装が傷みやすくなるんですが、その状態で洗車をすると洗剤や水が塗装面に入り込みやすくなり、くすみの原因になってしまいます。

雨の日や曇りの日なら、この日光を最小限に抑えることができますよね。

また雨が車体にかかっていることですでに汚れが浮き上がっているので、簡単に汚れを落とすことができるというメリットも。

ただし浮き上がっているからとはいえ、そのままこすってはダメです。

必ず水で流してから、スポンジなどでこすりましょう。

車体にはほこりや砂などが付いているので、水で流してからでないと傷がついてしまうんですよねー。

機械式の洗車でも必ず最初に水をかけますよね。そういうことです。

さらに、頑固な虫が引っ付いた跡や鳥のフンってこびりついてしまってますよね

せっかく洗車をしたのに落ちてないってことありませんか?(´;ω;`)

こういう汚れも、雨の日ならすでにふやけているので落としやすくなります。

とはいえ雨がザーザー降る日の洗車って、テンションさがりますよね。

雨の中カッパ着て、車をゴシゴシ。

体も冷えて、風邪ひきそう!?

せっかくの休日ですし、無理せず洗車場で機械洗車しましょう。

実は雨の日は洗車もお得に出来るんです!


スポンサーリンク

雨の日洗車なら割引あり?!

洗車をしてくれるガソリンスタンドやショップでは、雨の日限定の割引を用意している所が多数あります。

なんと洗車料金が半額になるところもあります。

やっぱり洗車は晴れてる日にって考える人が多いんでしょうね。

晴れの日と同じメニューで安く洗車できるのはとってもお得ですよね!

いろいろなお店があるので、最寄りのガソリンスタンドやショップをチェックしてみてはいかがでしょうか。



雨の日の洗車はいかに「効率よく、楽できるか」が、ポイントです。

とはいえ、そのままただ機械で洗車すればいいわけではないですよ!

汚れが取り切れてない状態で機械からでてしまうと、結局自分で手洗いするハメになってしまいます。

再度また機械に入れようものなら、お金も余計にかかるという事態に!

そうならないためにも、まずはおおまかに手洗いをしてから機械洗車をしましょうね。

そして雨の日のもう一つの大きなメリットですが。

そのまま拭かないで帰っちゃいましょう!

という事です。

このような理由があります。

雨の日の洗車は拭き取り不要?!

基本的には雨の日の拭き取りは必要ありません。

晴れの日の洗車は水道水のカルキにより、車体に水分の拭き残しがあると白くなってしまいますよね。

しかし雨の日であれば拭き残ってしまったとしても、雨が水道水を流してくれるので拭き取りすら必要ありません。

車体の汚れも落ちやすく、安い料金で洗車ができ、拭き取りの時間がないので時間短縮になる。

おまけに日光の影響でできてしま「くすみ」も抑えられる。

雨の日は洗車に最適だと思いませんか!?(^▽^)/



ただし、雨の日も作業によってはしないほうが良いものも、実はあるんです。

それは「ワックス」です。

雨の日のワックスがけはおすすめできません。

そもそも雨の日にワックスをかけるという事自体が大変ですし、せっかくかけても拭き取るときにべたべたしてきれいにはかけられません。

洗車機でもあまりおすすめできないです。

洗車機のメニューでコーティング剤の施工がありますが、ワックスも一緒に施工され、窓にも撥水加工がされてしまいます。

洗車の専門店では、「雨の日にコーティングをして、他のガソリンスタンドのものと比較してみてください」というものもあるので、賛否両論ともいえますが。

雨の日は視界が悪くなりがちなので、フロントウインドウだけでなくサイドウインドウまで撥水加工が施されてしまうと、ドアミラーの視認性や運転時の確認がとりにくくなり、思わぬ事故の原因になりやすくなってしまうんですよね。

ワックスがけやコーティングは晴れている日が無難のようですね。


スポンサーリンク

車の洗車は雨の日がおすすめ!割引や拭き取り不要が決め手?!-さいごに

いかがでしたか?

洗車は晴れの日にと決めてらっしゃる方も多いと思いますが、雨の日には実はたくさんのメリットがありますね。

洗車場での待ち時間も雨の日のほうが短くて済みますし、割引サービスもある。

車体の汚れが落としやすいですし、水を拭き取る手間も省けます。

しかし、ワックスやコーティングには不向きだったり自分で行う作業がつらかったりと、晴れの日と雨の日それぞれのメリットデメリットもありますね。

晴れの日と雨の日。

それぞれ「絶対にこの日でないと!」と決めつけるのではなく、上手に活用できると洗車も楽しくなりますね。