根津美術館で墨と金狩野派の絵画展 展示作品と混雑、見どころは?

根津美術館で墨と金狩野派の絵画展 展示作品と混雑、見どころは?

根津美術館の2018年最初の企画展は「墨と金-狩野派の絵画」展です。

狩野派といえば水墨画が基本ですが、屏風絵における金の使い方を強化していったのも狩野派でした…。

特別展の見どころや主な展示作品、そして混雑状況を詳しくご紹介していきます。


スポンサーリンク
  

根津美術館で墨と金狩野派の絵画展 見どころは?

墨と金-狩野派の絵画
会期: 2018年1月10日(水)~2018年2月12日(月・建国記念日振替休日)
場所: 根津美術館 展示室1、2
時間: 10:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日: 2/12を除く月曜日
入場料: 一般1,100円、高校生以上の学生800円
最寄駅: 表参道駅から徒歩8分


狩野派といえば、室町時代から江戸時代のおよそ400年間、日本絵画の中心にいた人たちです。

もともとは室町幕府の御用絵師で、長きに渡って公家や将軍などに仕えながら日本美術を引っ張ってきました。

未だに日本絵画史上最大の画派集団です。

当然、彼ら以降の日本画家たちは、狩野派の影響を大きく受けています。



狩野派の基本は水墨画ですが、それだけに固執していたわけではなくレパートリーの拡大にも意欲的だった、ある意味でオールマイティーな人達ですね。

ふんだんに用いられた金箔や鮮やかな色彩を通して、日本美術の繊細さはもちろんのこと、革新的でゴージャスな一面もぜひ感じてみてください。

根津美術館では

「墨と金」という言葉に象徴される、狩野派の絵画の革新的かつ豊穣な美を感じ取っていただける機会といたします。

と、コメントしています。


スポンサーリンク

根津美術館の墨と金狩野派の絵画展 主な展示作品

現在明らかになってる展示作品は4つ、いずれも根津美術館所蔵です。

養蚕機織図屏風 (伝狩野元信筆、室町時代・16世紀、根津美術館)

両帝図屏風 (狩野探幽筆、江戸時代・1661年、根津美術館)

梟鶏図 (狩野山雪筆、江戸時代・17世紀、根津美術館)

犬追物図屏風 (重要美術品、江戸時代・17世紀、根津美術館)


ちなみになんですが、2015年にアメリカのフィラデルフィア美術館で、今回と同じタイトルの特別展が開かれました。

もちろん英語タイトルなんですが、「Ink and Gold: Art of the Kano」というタイトル。

今回の根津美術館の展示とは、何の関係もないのかもしれませんが、ちょっと気になるのは私だけでしょうか?

その時に出展された作品の一部はこちらです。

唐獅子図屏風 (六曲一双、右隻:狩野永徳 桃山時代・16世紀/左隻:狩野常信 江戸時代・17世紀、宮内庁三の丸尚蔵館)

群虎図 (重要文化財、狩野探幽、江戸時代・17世紀、南禅寺)

四季花鳥図屏風 (狩野派、桃山時代・16世紀後半~17世紀、メトロポリタン美術館)

桐松鳳凰図屏風 (狩野栄信、江戸時代・1802~16年、静岡県立美術館)

今回の特別展でもこれらの作品が展示されるとは限りませんが、唐獅子図屏風はぜひ対で見てみたいなぁ・・・・。

根津美術館の墨と金狩野派の絵画展 混雑状況は?

大規模展覧会ではないので、国宝展や東博の運慶展のような入場待ちが出るほどの混雑にはならないと思います。

2017年9月~11月にサントリー美術館で行われた「天下を治めた絵師 狩野元信」展は、そこまでの混雑ではありませんでした。

いつ行っても入館はスムーズに出来る、混んでるときでも他の人の邪魔になったりせずにゆったりと見学できる感じですね。

今回の根津美術館での展示も、同じような感じになるのではないでしょうか。

コアな美術ファンは来るけど、テレビなどの宣伝を見て「行ってみようかな」って思う人は少ない。

そんな感じだと思います。

美術館的にはアレかもしれませんが、私達にしたら快適な環境ですね(笑)

実際に会期が始まって、思っていた以上に混雑してる!なんてことがあれば、こちらでも情報を追記していきます^^


ちなみに1月12日(金)には、スライドレクチャーが行われます。

レクチャーを聞いて理解を深めてから展示作品を見ると、また違った見方も出来るかも知れません!

スライドレクチャー「墨と金-狩野派の絵画-」
1月12日(金)13:30~14:15 (13:15開場)


定員130名なので満員で入れないということはないと思いますが、気になる方は早めに行って席を確保してくださいね!

レクチャー自体は無料ですが、入館料はかかります。


スポンサーリンク

根津美術館の墨と金狩野派の絵画展 展示作品と混雑、見どころは?-まとめ

400年に渡って栄華を誇り、画壇の覇者であり続けた狩野一族。

そんな彼らの作品を目の当たりにするのは、新年に相応しい行いなのかもしれませんね(*´▽`*)