歴博特別展で江戸のグルメ案内を楽しむ!見どころやチケット、アクセスは?

歴博特別展で江戸のグルメ案内を楽しむ!見どころやチケット、アクセスは?

国立歴史民俗博物館って、少々不便な場所にあるんですが見応え十分な博物館なんですよね。

そんな歴博の2018年最初の特別展は、「もの」からみる近世 「江戸のグルメ案内」

世界有数のグルメの街東京ですが、江戸も同じだったようです(笑)

特別展の見どころや主な展示作品、チケット料金、歴博までのアクセスなどをご紹介します。


スポンサーリンク
  

歴博特別展で江戸のグルメ案内を楽しむ!見どころや主な展示作品

佐倉・城下町400年記念事業 「もの」からみる近世「江戸のグルメ案内」
会期: 2018年1月5日(金)~2018年2月4日(日)
会場: 国立歴史民俗博物館(歴博) 第3展示室
時間: 9:30~16:30(入館は16:00まで)
休館日: 月曜日(祝日の場合は開館し、翌火曜日が休館)
最寄駅: 京成佐倉駅、JR佐倉駅(総武線)


世界で一番ミシュランの星がついてるレストランが多いのは、実は東京なんだそうですよ。

東京は世界一のグルメの街といってもいいくらいですが、江戸時代の東京(江戸)もグルメの街でした。

浮世絵の一種である錦絵には、江戸市中で人気があった料理茶屋(今でいう料亭)が頻繁に描かれていたんだそうです。

また料理茶屋だけでなく、庶民も気軽に入れる食べ物屋も含めた番付や双六(すごろく)なんかもあったんだとか!

番付は今でいったら、食べログとかホットペッパーの星みたいなもんでしょうか?

昔も今も美味しいお店の情報交換は盛んなんですね(笑)

こういったものをただ見ているのも楽しいですが、江戸時代の人達がどんなものを食べていたのか、どういった食べ物が人気だったのかなんてことがよく分かります。

現代でも東京と大阪では「美味しい」と感じるものに差があったり、大阪では人気があるのに東京ではイマイチなんてこともありますよね。

昔の東京(江戸)と現在の東京を比べたら、どうなるんでしょう!?

意外と味覚の感じ方は変わっていないのか、大激変を遂げたのか。

そんなことを考えながら見て歩くのも楽しそうです(∩´∀`)∩


展示作品は全部で約40点。

主な作品はこちらです。


「江戸買物独案内」より「飲食乃部」口絵と目録(文政7年、1824年)

これは江戸市内のガイドブック!買い物や飲食店約2600点が網羅されています。

日本人のガイドブック好きはこの頃からすでに始まってたんですね(笑)

ただしこの本に載るためには出稿料を払わないといけなく、その金額によって掲載スペースも変わったそうです。

純粋なガイドブックというよりは、広告の要素が強いんですね。これも今と同じ!?

今回の展示では、この中の飲食店を取り上げたページが展示されます。

ちなみに口絵の作者は、あの葛飾北斎!


八百善御料理献立(江戸の料理屋番付)(江戸末期)

江戸の料理茶屋を、相撲の番付みたいにしてランキングしたものです。

ここに出てくる料理茶屋「八百善」は、江戸で一番成功した料亭で噂を聞いた将軍や大名も度々訪れるお店。

ランキング上位は当たり前、歌川広重や歌川国貞の絵にも度々登場するような名店です。

ちなみに現在は十代目栗山善四郎氏が、鎌倉で江戸料理を伝え続けています。


新版御府内流行名物案内双六(江戸末期)

料理茶屋や食べ物屋を使った双六(すごろく)。 

ゴール(上り)に近くなるほど有名店、高級店が多く、これも一種の番付、格付けです。

江戸の人達、どこまでランキング好きなんでしょう(笑)


江戸高名会亭尽(天保後期~末期)

歌川広重が江戸にある料理茶屋の名店を描いたシリーズものです。

川魚料理の名店武蔵屋や、先ほども出てきた八尾善などが題材に取り上げられています。


スポンサーリンク

歴博特別展で江戸のグルメ案内を楽しむ!チケット料金は?

今回の特別展は、通常の総合展示と同じで入館料のみで入れます。

入館料は、一般420円、高校・大学生250円。

チケットは歴博のチケット売り場で購入しましょう。

ちなみに毎週土曜日は、高校生の入館料がタダになります!

念のために学生証を持っていってくださいね^^


歴博の総合展示は非常に充実しています。

江戸のグルメ展だけでなく、総合展示も見て行こうかなと考えている場合は時間を多めにとるようにしましょう!

じっくり見てまわるなら1日ではとても時間が足りないと言われるほどです。

館内には美味しいと評判のレストラン「さくら」もありますし、半日くらいはここで過ごすつもりで訪れても楽しめると思いますよ♪

歴博特別展で江戸のグルメ案内を楽しむ!アクセスは?

歴博は千葉県佐倉市の佐倉城址公園内にあります。

私はずーっと東京にあると思ってたんですよね(;’∀’)

初めて行ったときに、成田空港に近いと知ってびっくりしました(笑)


電車で行く場合

最寄駅はJRなら総武本線の佐倉駅、京成なら京成佐倉駅です。

JRなら東京駅から約60分、京成なら京成上野駅から約55分程度ですね。

バスはJR佐倉駅→京成佐倉駅→歴博と止まっていきます。

JR佐倉駅では北口1番乗り場、京成佐倉駅なら南口1番乗り場からちばグリーンバスの「田町車庫」行きのバスに乗り、「国立博物館入口」もしくは「国立歴史民俗博物館」で降りましょう。

歴博の休館日は「国立歴史民俗博物館」バス停には止まらず通過します!

っていっても、あまり関係ないですね(笑)

歴博の正面にあるバス停は「国立歴史民俗博物館」ですが、ここに止まるバスは本数が少ないです。

「国立博物館入口」に止まるバスに乗って、そこから歩いた方が早い時も多いですよ♪

京成佐倉駅からであれば、歩くことも可能です!大体20分くらいですね。


車で行く場合

東関東自動車道を使い、東京方面からなら四街道IC、成田方面からなら佐倉ICで下りてください。

それぞれのICから約8kmくらいです。

200台以上が駐車できる大型の駐車場が無料で利用できますが、隣の城址公園利用客と共用です。

季節のいい週末やGWなどは駐車場も埋まってしまったりしますが、今回の特別展は年明け早々、まだ寒い時期なのでそこまで混みあわない気もします^^


スポンサーリンク

歴博特別展で江戸のグルメ案内を楽しむ!見どころやチケット、アクセスは? -まとめ

江戸のグルメ展を見れば、江戸っ子も相当な食いしん坊だったことが分かるハズ( ´艸`)

江戸時代の人達にとっての「グルメ」とは何だったのか、ぜひ探ってきてください(^▽^)/